カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. こんなにあるの?!出産と分娩方法の種類

妊娠・出産

こんなにあるの?!出産と分娩方法の種類

 

一昔前までは、「経腟分娩(普通分娩)」と母体や胎児に危険性がある場合の「帝王切開」のみが、分娩方法の一般的な選択肢でした。

 

しかし、現在では少子化が進み、一人の女性が一生のうちに出産をする回数が減少するとともに、一回の出産をどのように経験するかを重要視する女性が増えてきました。

 

アメリカを含む欧米諸国では「無痛分娩」が主流であり、日本でも無痛分娩をはじめとする、さまざまな分娩方法の選択肢が検討されるようになってきています。

 

分娩方法の種類

分娩方法の代表的なものは、上で挙げたように「経腟分娩」や「帝王切開」です。その他にも痛みを和らげるために30度程度のお湯に浸かって出産をおこなう「水中分娩」、自分の家でリラックスしておこなえる「自宅分娩」、麻酔で痛みを抑えて出産する「無痛分娩」や「和痛分娩」などがあります。

 

それぞれメリットとデメリットがありますので、主治医とよく話し合ったり、自分で情報を集めたりして自分にあった分娩方法を選びましょう。 

 

姿勢による分娩方法の区分

分娩方法は、出産時の姿勢によっても幾つかに分けられます。 

 

寝たままの姿勢で行う「普通分娩」の他に、「フリースタイル分娩」という分娩方法があります。

 

この方法では、妊婦がいちばん産みやすい姿勢で出産をすることができます。

しかし、初産の場合は出産に慣れていないため、なかなか産みやすい姿勢を見つけるのが難しい場合もあるようです。 

 

次に「座位分娩」があります。これは座位での分娩施設が整った産院でしか行えませんが、座った姿勢は寝た姿勢よりもいきみやすく、胎児が骨盤に沿って無理なく下りてくるため、出産がスムーズにいくというメリットがあるようです。 

 

 

現在では分娩方法は多様化し、設備が整った産院であれば希望の方法での出産が可能です。 出産を控えている人は、どのような分娩方法があるのか、一度情報を集めてみてはいかがでしょうか?

 

(Photo:[//medical.i-illust.com/image_852.htm])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

分娩に関する記事

帝王切開の産後は周囲のサポートで回復を早めよう!

昔から産後の床上げは産後3週間と言われています。産後は誰かに頼って、なるべく...

避けたい出産時の「会陰裂傷」原因と診断、治療方法を知っておこう!

会陰裂傷の第一の原因は、膣と会陰部を限界まで広げて通過する胎児の大きさにあり...

出産の体験談

産院、病院選び!

現在2人目妊娠中の15wママです! 1人目出産の時は、出産の事をそこまで徹底的に調べることもな...

1人目と2人目で大きく違った出産劇

2014年 長女の出産時は41w3dの誘発入院2日前の深夜1時におしるしと同時に自然に陣痛が始まり明...

カラダノートひろば

分娩の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る