カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. その他 >
  6. 痛みを和らげながらおこなう分娩「和痛分娩」とは?

妊娠・出産

痛みを和らげながらおこなう分娩「和痛分娩」とは?

 

 

出産はなぜ痛いのか?

赤ちゃんが生まれてくるときに産道を通過するには、豆粒ほどの大きさの子宮頸管をメロンほどの大きさにしなければいけません。 

 

子宮は、何度も収縮を繰りかえし、子宮頸管を引き伸ばす準備をします。

 

最も痛みを伴うのは、赤ちゃんが通り抜けるときに子宮頚部や膣などの組織が引き伸ばされる時です。

 

子宮がおさまっている骨盤にある筋肉や靭帯には、神経に多くの痛みを感じる受容体があるため、引き伸ばされることで強い痛みを感じます。 

 

分娩時はリラックスすることが大切とよく言われますが、緊張すると筋肉が強ばって、痛みが増してしまうためです。 

 

和痛分娩とは?

「和痛分娩」とは、文字通り痛みを和らげながらおこなう分娩のことです。「無痛分娩」とは痛みをどれだけ取り除くかで区別されているようですが、病院によっては同じ意味で使っているところもあるようです。 

 

和痛分娩ではほとんどの場合、硬膜外麻酔とよばれる鎮痛薬が使用されます。

 

脊椎を覆う膜である硬膜の外側に、鎮痛作用のある薬を注入するためこのように呼ばれます。

 

麻酔は陣痛がきてから注入されますので、全く痛みがないというわけではありせん。

 

それに、いきむことができなければ赤ちゃんを生むことは出来ませんので、ある程度の感覚が残った状態でなければいけません。

 

和痛分娩では、麻酔を入れるタイミングが重要で、人によっては痛みがまったく和らげられなかったと感じる人もいるようです。

 

和痛分娩は計画出産

基本的に、和痛分娩は計画出産になります。

 

陣痛がきてしまってから麻酔を打つと、陣痛が止まってしまったり、陣痛促進剤を余計に打たなければいけなくなる可能性があります。

 

また、事前に麻酔での血圧低下を防ぐ点滴や硬膜外腔へのカテーテルの挿入、検査などの準備もありますので、和痛分娩を希望する人は、37週以降の正産期に入ると、本当の出産予定日よりも早めに計画出産をおこなうことになります。 

 

 

現在の硬膜外麻酔は、主に痛みのみを取り除き、陣痛を阻害したり足がしびれて歩けなくなるといったことはあまりないようです。 

ですが、どんな薬もすべての人に効果の程度が同じとはいえませんし、副作用がないとも言い切れません。 

特に出産では胎児が影響を受ける可能性があるので、和痛分娩を考えている人は慎重に選択しなければいけないでしょう。

 

和痛分娩は、出産の一番の苦しみである「痛み」を取り除いてくれる魅力的な出産方法かもしれません 。 

ですが、どんなものにも必ず存在するデメリットにも注目し、慎重に出産方法を決める必要があるでしょう。

 

(Photo:[//medical.i-illust.com/image_32.htm])

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

胎盤が癒着するって、本当!?

    赤ちゃんが産まれた後、子宮に残された胎盤なども出てきます。 し...

知っておくべき「会陰切開」【後編】 切らないための予防と会陰部切開後の痛みへの対処法

後編では、会陰切開を出来ればしたくないと言った方へのアドバイスをお話します。...

その他の体験談

いきみ方って大事なんだ!自分なりにやったら血圧上昇

娘を出産した際 分娩に立ち会ってくれてのはたった一人の助産師さんだけ。 赤ちゃんが出てくる所が切れ...

出産の兆候。子宮口は開いていくけどお産にならない

出産前の兆候ってお産が近くなると気になりますよね。 私も出産前にネットで出産の兆候を、調べまくって...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る