カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. ソフロロジー >
  6. 調和や安定の取れた精神状態で出産!ソフロロジー式分娩とは?

妊娠・出産

調和や安定の取れた精神状態で出産!ソフロロジー式分娩とは?

ソフロロジー(Sophrology)という単語を構成するsosは「安定、調和」、phrenは「精神、意識」、logoは「学問」を意味します。

 

ソフロロジ―とは、1960年にスペインの精神科医アルフォンソ・カイセド博士が提唱した、調和や安定の取れた精神状態を得ることを追求する学問です。

ソフロロジ―の理念は、産科、精神科、消化器科、歯科など広く医学の世界で取り入れられています。 

 

日本におけるソフロロジー式分娩

ソフロロジーという学問の理念は、1972年にフランスでジャンヌ・クレフ博士によって初めて産科に取り入れられました。

その後ヨーロッパにこの分娩法が広まり、日本に初めてこの分娩法がもたらされたのは1987年でした。

 

ソフロロジー式分娩は日本ソフロロジー法研究会の創始者である、松永昭博士によって研究、改良がすすめられ、日本独自のソフロロジー式分娩が誕生しました。

 

フランスでは陣痛の際に麻酔を使用するようですが、日本のソフロロジー式分娩では麻酔を使用せず、呼吸法やイメージトレーニング、音楽などを取り入れて、効果的に痛みを逃すのが特徴です。

ソフロロジーのベースにヨガや禅の理念があることから、日本人には受け入れやすい分娩方法かもしれません。

 

ソフロロジー式分娩法での出産

ある科学的調査によると、ソフロロジー式分娩は無痛分娩よりもストレスレベルが低いそうです。

母親がストレスで体が緊張すると、出産の痛みが増すほか、胎児への血流も悪くなってストレスを与えてしまいます。

 

ソフロロジー式分娩法では、特に産前の母親学級に力を入れており、そこでは出産から育児全般に対する心構えを学びます。

出産は痛いものですが、それは「赤ちゃんを生み出すために必要で、とても大切なエネルギーである」と捉え、音楽をかけながら出産に対する恐怖などを喜びに転換するイメージトレーニングを何度も行います。

 

ソフロロジーには「すべてをあるがままに受け入れ、悪いエネルギーを良いエネルギーに転換していく」という考え方があります。

ソフロロジー式分娩でも、出産や育児に対するネガティブイメージをすべて前向きに変えていくイメージトレーニングを訓練するため、産後の育児にも役立てることができるでしょう。

 

ソフロロジー式分娩法を実施している産院は全国にいくつか存在します。

麻酔を使った無痛分娩でもなく、呼吸やイメージトレーニングによって痛みを和らげていく方法は、自然なお産を希望する人や、痛みに対する恐怖心が強い人には適した分娩法と言えそうです。

 

ソフロロジー式分娩の分娩方法

ソフロロジー式分娩法とは、ソフロロジーという学問の理念を取り入れた出産方法です。

フランスで生まれたソフロロジ―式分娩法は、広くヨーロッパや日本にも広まり、独自の進化をとげている分娩方法です。

 

ソフロロジー式分娩法では、痛みを麻酔などでごまかすことはせず、「痛みは痛いものと受け止めて、出産や痛みに対する恐怖心を喜びに転換させる」練習をします。

また、「陣痛は赤ちゃんを生み出すために必要なエネルギーである」という捉え方をします。

 

ソフロロジー式分娩法では、出産前から母親学級や自宅で音楽をかけながら、呼吸法やこのようなイメージトレーニングを何度もおこない、出産に備えます。

 

ソフロロジー式分娩法のメリット 

ソフロロジー式分娩法は、できるだけ自然なお産をしたいけど、痛みが苦手であるという人に向いているでしょう。

 

この分娩法では、痛みや出産に対する恐怖心をポジティブなものに変えていくイメージトレーニングをおこなったり、痛みを逃す呼吸法を事前に自宅や母親学級で練習するので、普通の出産をするよりも、痛みやストレスをうまく解消しながら分娩を進められるというメリットがあります。

 

赤ちゃんは母体がストレスを感じると、同じくストレスを感じてしまい、母体の体が緊張して呼吸が浅くなると、赤ちゃんの血流量も低下します。

うまく恐怖心やストレスを解消することは、母子共に快適なお産をするためにとても大切になります。

また、ソフロロジー式分娩法では、母親の母性を育てることにも力をいれているため、産後の子育てにも役立つでしょう。

 

ソフロロジー式分娩法のデメリット 

ソフロロジー式分娩法は、イメージトレーニングなどの訓練が面倒な人には不向きかもしれません。

また、人によっては訓練をしても、本番になると陣痛の痛みで呼吸方法を思い出せなくなるなど、痛みが緩和される効果をあまり感じない人もいるようです。

とても精神的な面を重視した分娩法のため、合うタイプと合わないタイプにはっきりと分かれそうです。

 

また、ソフロロジー式分娩法で出産をしたくても、取り入れている産院がまだまだ少ないというデメリットもあります。

基本はイメージトレーニングと呼吸法のため、副作用などのデメリットはありません。

 

最後に

ソフロロジー式分娩は自然なお産を希望しているが、出産に対する恐怖心がある人にはとてもよい出産方法と言えそうです。

この分娩法を通して母親としても育てられるため、産後の育児に不安がある人にも向いているかもしれません。

 

(photo by:写真AC

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-08-05掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ソフロロジーに関する記事

ソフロロジー式分娩法で産んでみた!

 私が二人の子供を生んだ産院では、ソフロロジー式分娩法を指導していました。妊娠...

調和や安定の取れた精神状態で出産!ソフロロジー式分娩とは

   ソフロロジー(Sophrology)という単語を構成するsosは「安定、...

ソフロロジーの体験談

27歳 初産☆ 陣痛は痛くない?ソフロロジーの結果

私の出産した病院ではソフロロジー出産を推奨していました。 妊娠中の講習は2回。 その後は毎日自宅...

カラダノートひろば

ソフロロジーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る