カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. その他 >
  6. 誘発分娩について学ぼう!

妊娠・出産

誘発分娩について学ぼう!

 

誘発分娩をおこなうのは、主に出産予定日を超過した場合や、計画無痛分娩の場合です。誘発分娩には、陣痛促進剤などの薬物を使って陣痛を人工的に誘発する方法と、子宮口を開くためのバルーンとよばれる器具を使い、陣痛を起こす方法があります。

 

陣痛促進剤は薬のため、急に効くことが多く、その場合は急激な痛みに襲われることもあるようです。特に初産の場合は、子宮口がちゃんと開いていないと、痛みが強くてもなかなか生まれないこともあるようです。

 

出産予定日超過の場合はなぜ誘発分娩をする?

出産予定日を過ぎると、徐々に羊水の量が減少したり胎盤の機能が低下します。すると、胎児の臍帯が圧迫されたり、胎盤を通して送られていた酸素供給が減少することにより、胎児に十分な酸素がいかなくなることがあります。

 

また、酸素不足が原因で、通常の胎児にはみられない「胎便を羊水中にしてしまう」こともあります。すると「羊水混濁」の原因となり、口やのどに胎便を含んだまま生まれてきて肺呼吸を始めると、呼吸障害やひどい場合はチアノーゼの原因になってしまうこともあります。

 

そのため、出産予定日を超過した胎児の検査は慎重に行う必要があり、産院によってはこのような危険を未然に防ぐために、誘発分娩で人工的に陣痛をおこさせて出産をする場合もあります。一般的に、妊娠42週以降になると誘発分娩を考慮するようですが、産院によってその決断時期は違います。  

 

陣痛促進剤の悪影響はあるのか?

赤ちゃんの旋回や子宮口の開きが伴わないまま、陣痛だけがどんどん強く過剰に起こることを「過強陣痛」と言い、これは陣痛促進剤を使用した場合に多いトラブルです。ひどくなると子宮破裂を起こす危険性もあり、点滴による陣痛促進剤を使用している場合はすぐに中止します。

 

もちろんそれらのリスクを回避するために、陣痛促進剤を使用する場合は分娩監視装置をつけたうえで、赤ちゃんとママの様子を細かく見ながら適切な量が投薬されています。また、その他のリスクとしては、脳障害や、アメリカの小児科の研究では自閉症の関連性なども指摘されているようです。 

 

効果もリスクもある

必ずしも必要ない場合の安易な使用はできるだけ控えた方が良いと言えますが、上記で述べたように、ママと赤ちゃんの体を考えると、陣痛誘発剤が必要となることがあります。お医者さんとよく相談して、正しく利用したいですね。 

 

(Photo://www.irasutoya.com/)

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

赤ちゃんの頭が大きい!ママの骨盤が小さい!CPDについて

出産がスムーズにいくか難産になるかの決めてで重大なことってなんだか知っていま...

知っておくべき「会陰切開」【後編】 切らないための予防と会陰部切開後の痛みへの対処法

後編では、会陰切開を出来ればしたくないと言った方へのアドバイスをお話します。...

その他の体験談

いきみ方って大事なんだ!自分なりにやったら血圧上昇

娘を出産した際 分娩に立ち会ってくれてのはたった一人の助産師さんだけ。 赤ちゃんが出てくる所が切れ...

出産の兆候。子宮口は開いていくけどお産にならない

出産前の兆候ってお産が近くなると気になりますよね。 私も出産前にネットで出産の兆候を、調べまくって...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る