カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. その他 >
  6. 誘発分娩について学ぼう!

妊娠・出産

誘発分娩について学ぼう!

誘発分娩をおこなうのは、主に出産予定日を超過した場合や、計画無痛分娩の場合す。

 

誘発分娩には、陣痛促進剤などの薬物を使って陣痛を人工的に誘発する方法と、子宮口を開くためのバルーンとよばれる器具を使い、陣痛を起こす方法があります。

 

陣痛促進剤は薬のため、急に効くことが多く、その場合は急激な痛みに襲われることもあるようです。特に初産の場合は、子宮口がちゃんと開いていないと、痛みが強くてもなかなか生まれないことがあります。

 

今回は、誘発分娩の種類や方法についてご紹介します。

 

出産予定日超過の場合はなぜ誘発分娩をする?

出産予定日を過ぎると、徐々に羊水の量が減少したり胎盤の機能が低下します。すると、胎児の臍帯が圧迫されたり、胎盤を通して送られていた酸素供給が減少することにより、胎児にが酸素不足になる危険性が高まります。

 

また、酸素不足が原因で、通常の胎児にはみられない「胎便を羊水中にしてしまう」こともあります。すると「羊水混濁」の原因となり、口やのどに胎便を含んだまま生まれてきてしまいます。胎便を口に含んだまま肺呼吸を始めると、呼吸障害やひどい場合はチアノーゼの原因になってしまうことがあるのです。

 

そのため、出産予定日を超過した胎児の検査は、慎重に行う必要があります。産院によっては、このような危険を未然に防ぐために、誘発分娩で人工的に陣痛をおこさせて出産をする場合もあります。

 

一般的に、妊娠42週以降になると誘発分娩を考慮するようですが、産院によってその決断時期は様々です。  

陣痛促進剤の悪影響はあるのか?

赤ちゃんの旋回や子宮口の開きが伴わないまま、陣痛だけがどんどん強く過剰に起こることを「過強陣痛」と言います。これは、陣痛促進剤を使用した場合に多いトラブル。

 

ひどくなると子宮破裂を起こす危険性もあり、点滴による陣痛促進剤を使用している場合はすぐに中止します。

 

もちろんそれらのリスクを回避するために、陣痛促進剤を使用する場合は分娩監視装置をつけたうえで、赤ちゃんとママの様子を細かく見ながら適切な量が投薬されています。

 

また、その他のリスクとしては、脳障害や、アメリカの小児科の研究では自閉症の関連性なども指摘されているようです。 

効果もリスクもある

誘発分娩の方法は様々で、母子の安全性を第一に判断をされます。どの誘発分娩もメリット・デメリットがあるため、必ずしも必要ない場合の安易な使用はできるだけ控えた方が良いと言えます。

 

しかり上記で述べたように、ママと赤ちゃんの体を考えると、陣痛誘発剤が必要となることがあります。

 

気になるようであれべば、出産前にお医者さんとよく相談して、正しい知識を得るようにしてくださいね。

 

Photo by:https://www.photo-ac.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-08-16掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

知っておこう!誘発分娩による出産のメリットとデメリット

誘発分娩とは、陣痛促進剤や子宮口を柔らかくするための薬を使用したり、子宮口を開く...

赤ちゃんの頭が大きい!ママの骨盤が小さい!CPDについて

出産がスムーズにいくか、難産になるか、重大なポイントは何か知っていますか? ...

出産の体験談

産院、病院選び!

現在2人目妊娠中の15wママです! 1人目出産の時は、出産の事をそこまで徹底的に調べることもな...

1人目と2人目で大きく違った出産劇

2014年 長女の出産時は41w3dの誘発入院2日前の深夜1時におしるしと同時に自然に陣痛が始まり明...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る