カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. その他 >
  6. 知っておこう!誘発分娩による出産のメリットとデメリット

妊娠・出産

知っておこう!誘発分娩による出産のメリットとデメリット

誘発分娩とは、陣痛促進剤や子宮口を柔らかくするための薬を使用したり、子宮口を開くための「バルーン」とよばれるものを子宮に入れ、陣痛を人工的に誘発してから出産する分娩方法です。誘発分娩をおこなうのは、出産予定日を超過して必要と判断された場合や、計画無痛分娩の場合などです。

 

誘発分娩のメリット

初産の人は特に、陣痛が始まっても子宮口がなかなか開かずに分娩が進行せず、時間とともに妊婦の体力だけが奪われていってしまう場合があります。

そのようなときに陣痛促進剤を使用することで、出産が短時間で済むため、母体と胎児両方の負担が減少し、出血量も少量で済ませることができます。

 

計画出産での誘発分娩の場合は、自宅や思わぬ場所での破水、陣発の危険を回避することができるほか、上のお子さんの行事や旦那さんの仕事の都合などと出産予定日のスケジュール調整がしやすいというメリットがあるでしょう。 

 

誘発分娩のデメリット

陣痛促進剤を使用した出産では、薬の使用後にいきなり強烈な陣痛がくることが多く、初産婦の場合は特に、産道などが開く準備ができていない場合もあり、お産は進まず痛みだけがとても激しいことがあるようです。

 

また、陣痛促進剤に反応しなかった場合は、やむを得ず帝王切開になってしまうこともあります。気を付けなければいけないのは、陣痛促進剤の不適切な使用により、強すぎる陣痛、子宮破裂、胎児の脳に障害が残ってしまうなどの事故例も報告されていることです。

 

薬の使用前には同意書へのサインが必要ですが、できれば出産前に一度、医師の薬の使用に対する考えを詳しく聞いておいた方が安心かもしれません。

 

できるだけ薬に頼らない自然なお産が理想だとは思いますが、何らかの理由により誘発分娩の方が安全性が高いと判断される場合もあります。

 

適切な使用方法が守られるのはもちろんですが、薬と自然のどちらか一方にこだわりすぎることなく、母子の安全を慎重に考慮した臨機応変な対応が最も重要といえるでしょう。 

 

(Photo:[http://www.photo-ac.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

誘発分娩について学ぼう!

  誘発分娩をおこなうのは、主に出産予定日を超過した場合や、計画無痛分娩の場合...

知っておくべき「会陰切開」【後編】 切らないための予防と会陰部切開後の痛みへの対処法

後編では、会陰切開を出来ればしたくないと言った方へのアドバイスをお話します。...

出産の体験談

産院、病院選び!

現在2人目妊娠中の15wママです! 1人目出産の時は、出産の事をそこまで徹底的に調べることもな...

1人目と2人目で大きく違った出産劇

2014年 長女の出産時は41w3dの誘発入院2日前の深夜1時におしるしと同時に自然に陣痛が始まり明...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る