カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 吸引・鉗子 >
  6. 吸引分娩って何?~吸引分娩による出産について~

妊娠・出産

吸引分娩って何?~吸引分娩による出産について~

 

 

吸引分娩とは

吸引分娩は、何らかの緊急的な理由で、すぐに胎児を外に出してあげなければいけない場合に、おこなわれる分娩方法です。具体的な方法は、金属製またはシリコン製のカップ型の吸引器を赤ちゃんの頭にあて、赤ちゃんを吸引力によって引き出します。吸引分娩の代わりに、より吸引効果の高い鉗子分娩がおこなわれることもありますが、吸引分娩よりも高い技術を要し、慣れていない場合には安全性の面で吸引分娩の方が勝るため、吸引分娩がうまくいかなかった場合は鉗子分娩をせず、すぐに帝王切開がおこなわれることが多いようです。

 

 

吸引分娩がおこなわれるケース

吸引分娩は、分娩中に起こった何らかの危険回避の方法として行われます。吸引分娩が行われる例としては、以下のようなケースがあります。

 

○子宮口が全開であるにも関わらず、胎児がなかなか下りてこず、分娩が進まないとき

○母体の体力が限界または心疾患などの持病があり、いきむことができないとき

○胎児の回旋異常でうまく下りて来られないとき

○胎児心音の低下など、胎児に危機的状態が見られ、一刻も早い処置が必要なとき

 

 

吸引分娩が母子に及ぼす影響

吸引分娩は鉗子分娩に比べて吸引力がそれほど強くないため、母子に起こりうる障害も少なくなると言われています。母体への影響としては、会陰損傷、頸管裂傷などが起こる可能性が高まります。胎児への影響としては、頭皮の損傷、頭蓋内出血、頭血腫、網膜出血、黄疸などが起こる可能性があり、吸引器で引っ張られることで頭の形が長くなったり、いびつになったりすることがありますが、時間が経過すれば直ります。 

 

 

吸引分娩はじめ帝王切開や無痛分娩などによる、出産への医療介入が増加している近年ですが、それが母子の生命を守り重大な障害を防止する一方で、自然なお産が失われつつあるのも事実と言えるかもしれません。

 

(Photo://free-photos.gatag.net)

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

吸引・鉗子に関する記事

分娩中の緊急措置「鉗子分娩」による出産について

    ◆鉗子分娩とは   鉗子分娩は、分娩中の緊急措置として胎児を一刻も早く外...

鉗子分娩による出産と安産のためにできること

◆鉗子分娩の方法   分娩がなかなか進まず、母体や胎児の体力が限界である...

吸引・鉗子の体験談

出産台の順番待ちにて陣痛遠のく・・・。

お兄ちゃんを出産した時の話なのですが、夕方に陣痛が始まり、数時間後に感覚が短くなってきたので産婦人科...

子宮口全開!頭が見えてきた!吸引で無事出産

「子宮口が4センチから全開へ」の続きです☆ http://karadanote.jp/mystor...

カラダノートひろば

吸引・鉗子の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る