カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. 食材 >
  6. 果物 >
  7. 実は高カロリー?!~ドライフルーツのカロリーについて~

美容・ダイエット

実は高カロリー?!~ドライフルーツのカロリーについて~

ダイエットのために一生懸命努力している人は多いと思いますが、一見ヘルシーであったとしても実は高カロリーなものがあるので注意が必要です。

 

主食と比べて量が少ない場合であっても、高カロリーなおやつの摂取はダイエットの妨げになるどころか、逆効果な場合がありますので、ここでしっかりおやつのカロリーについて理解しましょう。

 

ドライフルーツの種類と成分

意外に高カロリーなおやつに、ドライフルーツがあります。

ドライフルーツは、ヘルシーなおやつとして理解している人も多いかと思いますが、以下のような果物がドライフルーツとして販売されています。

 

レーズン

マンゴー

あんず

いちご

いちじく

キウイ

オレンジ

クランベリー

 

これらのドライフルーツは、ポリフェノールやミネラル、食物繊維などが多く含まれるため、朝食などでシリアルに混ぜてグラノーラとして、またはヨーグルトなどのヘルシー食品に入れて食べるという人も多いのではないでしょうか。

 

また、加工の度合いが低いのでナチュラルな食品を好む人々から大変人気があり、ミスユニバース・ジャパンの公式栄養コンサルタントが推薦する間食としても有名となりました。

 

意外と高カロリーなドライフルーツ

しかし、他方でドライフルーツは高カロリーであることは、しっかり理解しておくことが大事です。

ドライフルーツはその名の通り水分が抜けているため、とても密度が高く、生のものと比べておおよそ8倍ものカロリーがあります。

 

ぶどうを例に取ると、カップ1杯の生ぶどうは60キロカロリーですが、レーズンを同じカップに入れると460キロカロリーにもなります。

 

さらに多くのドライフルーツには砂糖が使われているので、カロリーはさらに多くなっているので注意が必要です。

 

ドライフルーツはヘルシーで栄養素の高い食品なので、一日に少量食べることはとてもよいことかもしれません。

ですが、食べ過ぎには十分気を付けましょう。

(Photo by://www.ashinari.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

果物に関する記事

アメリカで大注目のダイエットフルーツ!「アフリカンマンゴー」の驚くべき効果

美味しいものを食べることで、幸せを感じられますが、それで太ってしまうのもまた...

ダイエット中に果物を食べるときに気をつける点

    ダイエットをする人で、果物をたくさん摂ってダイエットをしている人...

カラダノートひろば

果物の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る