カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 猫背 >
  4. 対処法 >
  5. 辛い肩こり…猫背で肩こりになる!?「猫背と肩こりの深い関係」と「こり改善方法」

関節痛・腰痛

辛い肩こり…猫背で肩こりになる!?「猫背と肩こりの深い関係」と「こり改善方法」

仕事や学業や家事育児で、共通して現れやすい不調に「肩こり」があると思います。肩がこっていると、痛みや違和感が気になって集中できないこともありますし、自分でもんだり叩いたりしても、あまりよくならないことがほとんどでしょう。

 

猫背になると肩こりになることが多いようですので、背筋をピンと伸ばすと余計辛くなる気がするかもしれませんが、根本的な解決のためにも意識していきたいところです。


■猫背と肩こりの関係

猫背になると、首が前に突き出たような姿勢になります。この姿勢は首にとても負担をかけます。この姿勢の崩れや負荷をカバーするために、その周辺の肩や肩甲骨にも負担がかかります。筋肉が緊張し、血流が悪くなることで肩こりの症状が出ることとなります。特に肩甲骨周辺は、大小さまざまな筋肉が集まっており、それぞれが連動しているといわれています。この中のどれかが姿勢の崩れにより、無理に引っ張られたり縮められたりすると、他の筋肉の均衡も崩すことになります。これにより血流が悪くなり、こりや痛みを起こすことになります。もんだり叩いたりして一時的に軽快しても、姿勢を改善しないとすぐにまた繰り返すことになります。

 

■首の位置を戻してこりをとる

前に突き出てしまった首を元の位置に戻してあげることで、首の筋肉や肩、肩甲骨の疲労が少なくなります。椅子に深く腰掛け、骨盤を前傾させることを意識し、肩を開いて座ると良いでしょう。歩く時も、「頭のてっぺんからのびた糸につるされている」ような気持ちで頭を保って歩くといいようです。首の負担は神経障害を起こすこともありますので、積極的に改善していきましょう。

 

肩が痛いと、首を後ろに傾けてぐるぐると回したり、猫背の姿勢を取りたくなりがちなようですが、余計に負担をかけますので注意しましょう。猫背を治して肩こりを解消し、スッキリと日常を送りたいですね。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/05/22-362202.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法に関する記事

通勤中でもオフィスでも!隙間時間でできる猫背対処法

  くせになってしまった猫背を治すのは難しいもの。特に集中して仕事をしてい...

東洋医学から見た猫背

     外見上のマイナスだけでなく肩コリや腰痛などの原因となる猫背ですが、...


猫背に打ち勝つストレッチ方法

【猫背を解消してスッキリ姿勢に】 猫背の解消になるストレッチは、体がやわら...

猫に学ぶ猫背解消法

【猫背を治すには猫のポーズ?】 猫背を改善するには、自宅での体操やストレッ...

カラダノートひろば

対処法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る