カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 吸引・鉗子 >
  6. 出産における「吸引分娩」母体、赤ちゃんへのリスクを知っておこう!

妊娠・出産

出産における「吸引分娩」母体、赤ちゃんへのリスクを知っておこう!

吸引分娩は、経腟分娩中にしばしば行われる処置です。

赤ちゃんが産道から出てくるのを助けるために、ハードカップ(金属製)またはソフトカップ(シリコン製)の吸引器を赤ちゃんの頭にあてて引っ張り出します。

 

緊急措置としての吸引分娩 

陣痛が微弱で、いきんでも赤ちゃんがなかなか出て来られない場合や、母体の体力が持たないと判断された場合、また赤ちゃんの心音が低下しているなどの、緊急事態に吸引分娩は行われます。

 

もし吸引分娩がうまくいかない場合は、より吸引力の強い鉗子分娩、もしくは帝王切開がおこなわれます。

 

吸引分娩がおこなわれるための条件 

吸引分娩は、何らかの原因で母子の健康が脅かされている、またはその危険性がある場合の緊急措置として行われますが、以下の条件を満たさなければ吸引分娩はできません。

 

・赤ちゃんの頭が見えるくらいまで十分に下降してきている。

・子宮口が全開またはそれに近い状態である。

・破水している。

・赤ちゃんが骨盤内に嵌入している。

・児頭骨盤不均衡(※)がない。

・帝王切開に移行できる準備がある。

 

(※胎児が母体の骨盤に対して大きすぎて、物理的に児頭が母体の骨盤を通過するのが不可能な状態であること)

 

吸引分娩の母体・赤ちゃんへのリスク 

吸引分娩は、鉗子を使うよりも膣内により多くのスペースを確保でき、吸引力も鉗子分娩と比べると弱いため、母子に何らかの障害を与えるリスクは比較的少ないと言われています。

 

母体へのリスクとしては、会陰や膣壁、頸管の裂傷があります。

赤ちゃんへのリスクとしては、頭皮の損傷、頭血腫、帽状腱膜下出血、頭蓋内出血などがあります。

 

また、それらの症状に伴い、黄疸がみられることがあります。

赤ちゃんの頭が吸引されることによって、長くなったり、いびつになったりすることがありますが、時間が経てば戻りますので心配しなくても大丈夫です。

 

自然なお産を強く希望する人の中には、麻酔や陣痛促進剤だけでなく、吸引分娩を拒否する方もいらっしゃるようです。

吸引分娩にならないように出産の前からできることとして、お産を長引かせない身体作りがあります。

また、自然なお産を推進し、多くの実績がある産院を選んで出産をするのが安心かもしれません。

 

「吸引分娩」に関する体験談

そうしてついに私の体力切れ、いきむ力もほとんど残っていなかったため、吸引分娩に切り替わり何とか出産。陣痛の痛みは本当に本当に痛かったけれど、実は最後のこの吸引される瞬間が一番痛かったです。

カラダノート体験談-投稿者猫森さん~破水から始まった出産!吸引分娩まで。-

 


一人目の出産時は吸引分娩で無理やり分娩時間を短くしたからか、かなり出血も多くとても貧血がひどかったです。出産直後にトイレに行くように言われ、トイレに行って立とうとしたが立てない。無理やり立つとトイレで倒れてしまいました。

カラダノート体験談-投稿者ピンクのカーテンさん~産後病弱になった私・・・-

 


夕方の4時ごろから分娩が始まりましたが私があまりに痛がるので点滴が止められました。すると、陣痛が急に弱くなってしまい、いざいきむというときにいきめなくなってしまったのです。そんな私を見て、また点滴が始まりましたがタイミングが合わず、急きょ、吸引分娩となりました。すぽーん!と取り上げてもらい、私の出産は終わりました。

カラダノート体験談-投稿者ponpon_pandaさん~私は陣痛促進剤を使って出産しました-

 


吸引分娩は赤ちゃんの頭にかぶさるくらいの、じょうごのようなものを子宮口に入れるので、正直なところ相当に痛いです。私の場合、麻酔なしで数か所切り込みを入れられ、挿入されました。付近の骨にあたるような、ゴリゴリした感触が忘れられません。こんな事を何回もされたらたまったもんではありません。1度目の吸引では出てきてくれず、2回目は渾身の力をこめていきみ吸い出してもらうことができました。吸い出されたと同時に分娩室内に産声が響きました。

カラダノート体験談-投稿者ののみんさん~疲労から陣痛が遠のき始め微弱陣痛、まさかの吸引分娩!-

 


しかし、つわりで殆ど食べてなくて、昨夜から寝ていない私。さすがに1時間半頑張ったところで吸引分娩となりました。

カラダノート体験談-投稿者aygyさん~まさかのスーパー難産!破水から吸引分娩になるまで-

 


私は出産前はコープ共済のL2000という女性特有の病気プランに入っていました。さっそく電話で問い合わせてみたところ、正式な手術名とたしか健康保険は適用されていたか、を産院に聞くよう言われました。心配していた、もらえる期間は間にあうのかも3年以内であれば請求出来るとこのとで安心しました。さっそく産院にきいたところ、吸引分娩は手術になりますよ、保険は適用です。と言われました。

カラダノート体験談-投稿者arielさん~要チェック!吸引分娩で保険がおりる!?-

 

(Photo:写真AC

 

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-08-11掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

吸引・鉗子に関する記事

分娩中の緊急措置「鉗子分娩」による出産について

    ◆鉗子分娩とは   鉗子分娩は、分娩中の緊急措置として胎児を一刻も早く外...

吸引分娩って何?~吸引分娩による出産について~

    吸引分娩とは 吸引分娩は、何らかの緊急的な理由で、すぐに胎児を外に出して...

吸引・鉗子の体験談

出産台の順番待ちにて陣痛遠のく・・・。

お兄ちゃんを出産した時の話なのですが、夕方に陣痛が始まり、数時間後に感覚が短くなってきたので産婦人科...

子宮口全開!頭が見えてきた!吸引で無事出産

「子宮口が4センチから全開へ」の続きです☆ http://karadanote.jp/mystor...

カラダノートひろば

吸引・鉗子の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る