カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 汗疱 >
  5. 汗疱(異汗性湿疹)の原因「ビオチン欠乏症」って何?

気になる病気・症状

汗疱(異汗性湿疹)の原因「ビオチン欠乏症」って何?

◆汗疱(異汗性湿疹)ってどんな病気?

はじめに、汗疱(異汗性湿疹)とは、手のひらや足の裏などに痒みを伴う小さな水疱が生じる湿疹性の皮膚疾患のことをいいます。この水疱は左右対称に生じ、放置していると乾燥してガサガサになります。

 

先程もいいましたように、手だけでなく足にも現れることもありますから、水虫と混同されがちですが、菌が原因としてあげられませんから感染する心配はありません。

また、水疱が出現する初期には非常に強い痒みといった不快感を伴います。

 

そんな汗疱(異汗性湿疹)ですが、その原因の一つとして「ビオチン欠乏症」が挙げられます。では、そのビオチン欠乏症とは何なのでしょうか?

こちらでは、ビオチン欠乏症について着目してみました。

 

 

◆ビオチン欠乏症とは

・そもそもビオチンって何?

汗疱(異汗性湿疹)の治療法を知ろうとネットで検索してみると、「ビオチン」という単語をよく目にするかと思います。

このビオチンとは、ビタミンHと呼ばれるビタミンB群の1つです。

また、このビオチンは体内のブドウ糖、アミノ酸、脂肪酸を代謝する時に必要とされるビタミンです。なので、皮膚の形成において重要な役割を果たしているビタミンとも言えます。

 

・ビオチン欠乏症とは

通常、ビオチンは体内で生成されるものですから口から摂取する必要はありません。

しかし、腸内バランスが崩れることにより悪玉菌のほうがビオチンより多くなってしまうとその悪玉菌がビオチンを食べてしまい、結果としてビオチン欠乏症となってしまいます。

 

ビオチン欠乏症になってしまうと、代謝が悪くなってしまいます。そうなると皮膚や骨に異常が起こります。皮膚には汗疱(異汗性湿疹)として現れるんですね。

ですから、汗疱(異汗性湿疹)では、その原因となるビオチン欠乏を治すためにビオチンを経口摂取するビオチン治療が行われます。

 

もともと、このビオチン治療は汗疱(異汗性湿疹)とよく似た掌蹠膿疱症の治療に用いられていました。しかし、汗疱(異汗性湿疹)にも効果があると分かり、汗疱(異汗性湿疹)でも用いられることが増えたそうです。

 

(イラスト by: [//www.photo-ac.com/])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

汗疱に関する記事

「あせも」と間違えやすい病気…もしかして汗疱?汗疹性湿疹?

  あせもだと思い、自己診断で治療を続けていたのにも関わらず、なかなか症状...

汗疱かもしれない?手足のかゆみにご注意!

なんだか手の平や指がかゆい。なにかで突いたような跡がある。足の裏や手の平に...


汗疱(異汗性湿疹)の治療法!「ビオチン治療」ってどんなもの?

汗疱(異汗性湿疹)とは、手のひらや足の裏に痒みを伴う小さな水疱が生じる湿疹性の...

自己判断での市販薬の使用は無駄?汗疱の治療薬って何?

  ◆汗疱の治療は市販薬で大丈夫なの? 手のひらや足の裏に小さな水疱が生...

カラダノートひろば

汗疱の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る