カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 汗疱 >
  5. 汗疱(異汗性湿疹)の治療法!「ビオチン治療」ってどんなもの?

気になる病気・症状

汗疱(異汗性湿疹)の治療法!「ビオチン治療」ってどんなもの?

汗疱(異汗性湿疹)とは、手のひらや足の裏に痒みを伴う小さな水疱が生じる湿疹性の皮膚疾患のことです。

この小さな水疱は左右対称に生じ、放置していると乾燥してガサガサになります。足にも生じることから水虫と混同されやすいですが、菌が原因ではありませんから、感染などの心配はありません。

 

この汗疱(異汗性湿疹)の原因としては主に、ビオチン欠乏症だと言われています。

ですから、治療法として「ビオチン治療」が行われます。

 

◆ビオチン治療のやり方

ビオチン治療は、一部の皮膚科で用いられていますが、そういった皮膚科は残念ながら少ないのが現状です。しかし、皮膚科で処方される薬は市販のサプリメントで十分代用することが出来ます。

・一般的な処方(1日分なので、経口摂取の際には3回に分ける)

ビオチン散4.5g(ビオチン9mg)

ミヤBM3g(ミヤリサン120mg)

ビタミンC1g

 ・サプリメントでの代用(1日分なので、経口摂取の際には3回に分ける)

ビオチン15mg(5mgのカプセルを3錠)

ミヤリサン錠12錠(10mgの錠剤12錠)

ビタミンC1.05g(350mgの錠剤を3錠) 

上記からもわかるように、ビオチンの他にミヤリサンやビタミンCも摂取する必要があります。それは何故なのでしょうか。

 

◆ビオチンを摂取する際の注意点

ビオチン治療では、ビオチンを経口から直接摂取します。

しかし、ビオチン治療ではビオチンのみを経口摂取すればいいというわけではありません。

というのも、ビオチン欠乏症の原因で、ビオチンを食べてしまう悪玉菌というのは一部の乳酸菌のことを指します。そして、ビオチンは乳酸菌の餌になってしまいますので、ビオチンだけを摂取していたとしても乳酸菌を増やすだけになってしまいます。

そのため、整腸剤を一緒に服用します。そうすることで腸内の乳酸菌の数を正常値までにコントロールするんですね。この整腸剤としてビオチンと相性のいいものがミヤリサン(ミヤBM)になります。

また、ビタミンCは腸内でのビオチンの吸収を高めてくれますから、ビタミンCも一緒に摂取します。

 

汗疱(異汗性湿疹)の主な治療法であるビオチン治療とはこのようなものになります。汗疱(異汗性湿疹)に悩まされている方は一度お試しになってみてはいかがでしょうか。  

(イラスト by: //www.irasutoya.com/)

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

汗疱に関する記事

「あせも」と間違えやすい病気…もしかして汗疱?汗疹性湿疹?

  あせもだと思い、自己診断で治療を続けていたのにも関わらず、なかなか症状...

汗疱かもしれない?手足のかゆみにご注意!

なんだか手の平や指がかゆい。なにかで突いたような跡がある。足の裏や手の平に...


自己判断での市販薬の使用は無駄?汗疱の治療薬って何?

  ◆汗疱の治療は市販薬で大丈夫なの? 手のひらや足の裏に小さな水疱が生...

誤診されやすい?汗疱とよく似た病気~疥癬、掌蹠膿疱症、接触性湿疹…様々ある!

  手のひらや足の裏に小さな水疱が生じたら、汗疱(異汗性湿疹)の可能性があ...

カラダノートひろば

汗疱の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る