カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 鉗子分娩による出産と安産のためにできること

妊娠・出産

鉗子分娩による出産と安産のためにできること

◆鉗子分娩の方法

 

分娩がなかなか進まず、母体や胎児の体力が限界であると判断された場合や、胎児に異常が見受けられた場合などには、緊急措置として鉗子分娩がおこなわれます。鉗子という器具はサラダトングのような形をしており、それで胎児の頭を挟み、いきむタイミングに合わせて産道から引っ張り出します。しかし、現在では鉗子分娩の代わりに吸引分娩というより操作の簡単な胎児娩出方法が広まり、帝王切開の安全性も高まったことから、鉗子分娩はあまり行われなくなっているようです。

 

◆鉗子分娩のリスク

 

鉗子分娩で使用される「鉗子」という器具は金属製で、吸引分娩に比べて産道内での隙間が狭くなるため、胎児を引き出すときに産道や会陰に傷がつきやすく、出血しやすいです。また、胎児の頭部損傷や頭血腫、頭蓋骨骨折、頭蓋内出血、顔面神経の損傷などの原因にもなることがあります。そのため鉗子分娩は、熟練した医師または熟練した医師の監視下で、慎重に行われる必要があります。しかし、鉗子分娩の難易度は高いものの、吸引分娩よりも確実に胎児を娩出することができ、鉗子を使用する前にしっかりと内診を行うため失敗が比較的少ないとされています。逆に吸引分娩は、簡単で内診があいまいでも行うことができるため、医療事故につながりやすいとも考えられています。

 

◆安産で鉗子分娩を避ける

 

鉗子分娩や吸引分娩は、自然分娩に比べると多少のリスクを背負ってしまうことは否めません。また、自然なお産を希望する方は、医療介入はできるだけ避けたいことでしょう。鉗子分娩や吸引分娩を回避するには、できるだけ安産で産むことが必要です。安産のためには、妊娠中は以下のことに気を付けましょう。

 

・早寝早起きをし、自律神経を整える。

・ウォーキングで出産に備えて基礎体力をつける。

・お腹の張りの原因となるため、パソコンなどで目を使いすぎない。

・難産になりやすいため、冷えないようにする。

 

 

妊娠中は、いつも以上にストレスや疲れを感じやすいものです。体調を整えるためだけでなく、鉗子分娩や吸引分娩などによる医療事故のリスクを避けるためにも、安産のためにできることを普段から実行してみましょう。

 

 

(Photo:[http://www.irasutoya.com/2012/12/blog-post_6547.html]) 

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

分娩に関する記事

出産時に新生児が受ける損傷「分娩損傷」ってなに?<首・四肢・内臓編>

 神経を司る頭・脊髄の障害以外の分娩損傷についてご紹介します。実際に赤ちゃん...

自然出産が「正解」なの?そのこだわりがアダになることも…ママにできること

自然出産を目指していて、結局帝王切開になったら「負け」でしょうか?   ...

出産の体験談

産院、病院選び!

現在2人目妊娠中の15wママです! 1人目出産の時は、出産の事をそこまで徹底的に調べることもな...

1人目と2人目で大きく違った出産劇

2014年 長女の出産時は41w3dの誘発入院2日前の深夜1時におしるしと同時に自然に陣痛が始まり明...

カラダノートひろば

分娩の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る