カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 無痛・和痛 >
  6. 分娩麻酔を使用した出産について

妊娠・出産

分娩麻酔を使用した出産について

 

 

欧米では主流と言われる、痛みを消すために麻酔を使用する分娩のことを「無痛分娩」または「和痛分娩」と言います。現在日本でも、徐々に無痛分娩を選択する人が増えつつあると言われています。

 

 

◆麻酔を使用する分娩「無痛分娩」について

 

無痛分娩は字の通り、痛みを麻酔で無くしてしまう分娩方法ですが、無くすといっても全くの無感覚になるわけではなく、陣痛の進行を阻害したり、いきむことができなくならないようにある程度の感覚を残します。また、ほとんどの場合下半身のみの麻酔になるようですが、麻酔を注入するタイミングが合わないと、あまり痛みが緩和されないこともあるようです。

 

◆分娩麻酔の種類

 

無痛分娩などの際に使用される麻酔の、現在の主流は「硬膜外麻酔」と呼ばれるものです。また、「硬膜外麻酔」と「脊椎くも膜下麻酔」を組み合わせた麻酔が使用されることもあるようです。「硬膜外麻酔」とは、硬膜外と呼ばれる背骨の中の脊髄神経を包む袋状の膜(硬膜)の外側の隙間にカテーテルを挿入し、局所麻酔を注入して痛みを和らげる方法です。「脊髄くも膜下麻酔」とは、硬膜の中の液体の中に麻酔薬を入れることで麻酔を行う方法です。どちらも昔から使われている、安全性の確立した麻酔方法であると言われています。

 

◆分娩麻酔の副作用について

 

どのような医療行為においても、100%安全であるということはあり得ません。 出産時に使用される硬膜外麻酔の場合も、いくつかの副作用が出現することがあります。一般的なものは、血圧の低下、それによる吐き気、体のかゆみ、また背中に注射をした部分の痛みがしばらく続いたり、軽い頭痛がしたりするといったものです。非常にまれな合併症としては、「局所麻酔薬中毒」があります。カテーテルの先端が血管に入り込んでしまうことで起こる舌のしびれ、血圧上昇、過呼吸などの症状で、放置すると呼吸が停止してしまいます。また、カテーテルが硬膜を貫いてくも膜下腔に迷入してしまうと、麻酔がより広範囲に広がってしまうため、呼吸が苦しくなったり、足が痺れたり、意識が朦朧とするなどの症状が起こります。麻酔薬を注入してから何らかの異常を感じたらすぐに知らせましょう。

 

 

分娩時に麻酔を使用することは、それほど珍しいことではなくなってきている昨今ですが、痛みを無くすことだけを考えず、分娩麻酔による副作用をしっかりと把握したうえで出産方法を決めることが大切です。

 

(Photo:[//www.ashinari.com/2012/12/07-373878.php])

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

無痛・和痛に関する記事

欧米では普通?無痛分娩・和痛分娩での出産

出産するときの痛み「産痛」には、子宮が収縮したり子宮口が開くときに起こる「陣...

産後の痛みが心配…通常分娩と無痛分娩はどっちが楽なの?【後編】

  後編では、【無痛分娩】と【正常分娩】のお産の違いについて書いています。  ...

無痛・和痛の体験談

無痛分娩への理解のない親たち

義両親への妊娠報告の際、どういう風に産むの?と聞かれたので「無痛で〜」と話したら「ぇええ??」と。 ...

無痛分娩、いいですよー!

まだまだ日本には無痛分娩が普及していませんが、興味がある人はたくさんいるかと思います! 私の母...

カラダノートひろば

無痛・和痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る