カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 汗疱 >
  5. 汗疱(異汗性湿疹)で処方されるステロイド薬の様々な問題とは…

気になる病気・症状

汗疱(異汗性湿疹)で処方されるステロイド薬の様々な問題とは…

汗疱(異汗性湿疹)は、手のひらや足の裏に小さな水疱が生じる湿疹性の皮膚疾患です。この水疱は手のひらや足の裏に左右対称に生じ、放置しておくと乾燥してガサガサになります。水疱が生じる際の初期段階では、強いかゆみを伴います。

 

このような症状から、汗疱(異汗性湿疹)と皮膚科で診断された場合には、ステロイド剤がよく処方されます。しかし、そのステロイド剤にも様々な問題点があることを皆様はご存知でしょうか?

 

こちらではステロイド剤の諸問題について簡単にまとめました。

 

◆ステロイド剤の様々な問題点とは

・ステロイドの特徴

先程も言いましたように、皮膚科で汗疱(異汗性湿疹)と診断された場合には、大抵の場合ですとステロイド剤が処方されます。

 

このステロイドというものは、皮膚の炎症を抑制してくれるのですが、それと同時に雑菌に対する皮膚の抵抗力を弱めてしまうといった作用もあります。ですから、ステロイド剤を使用することで、かえって二次感染を引き起こし、痒みや炎症を悪化させてしまう場合もあります。

 

アトピー性皮膚炎の治療などでもこのステロイドは使用されます。しかし、長期にわたる使用を続けた場合には、ステロイド依存性やステロイドアレルギー、免疫機能低下などの副作用があることが問題視されています。

 

・ステロイドの使用で症状が悪化?

医師の立場からすれば、痒みや炎症といった表面に現れている症状をなくしてしまうことを第一に考えていますから、抗炎症作用のあるステロイドを処方するのは当然でしょう。

 

しかし、皮膚病というものは全般的に体内の異常や問題が、表面に現れてしまった結果であることが多いため、単に症状を抑えたり無くしただけでは、また再発を繰り返すことが多いのは事実です。

 

汗疱(異汗性湿疹)は足の裏にできることから、水虫と誤診されやすいため、水虫薬を処方されてしまうといったケースが多いです。

 

水虫薬を使用していても全く症状が改善されず、かえって悪化してしまったという患者さんも多いそうです。

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

汗疱に関する記事

汗疱(異汗性湿疹)の治療法!「ビオチン治療」ってどんなもの?

汗疱(異汗性湿疹)とは、手のひらや足の裏に痒みを伴う小さな水疱が生じる湿疹性の...

汗疱かもしれない?手足のかゆみにご注意!

なんだか手の平や指がかゆい。なにかで突いたような跡がある。足の裏や手の平に...


汗疱などの肌湿疹に効果があるフラックスシードオイルって何?

    汗疱(異汗性湿疹)とは、手のひらや足の裏などに痒みを伴う小さな水疱が生...

汗疱に効果的なフラックスシードオイルの摂取法は?生のまま摂取が○

  ◆汗疱(汗疱状湿疹)とフラックスシードオイルの関係性 汗疱(異汗性湿...

カラダノートひろば

汗疱の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る