カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. その他 >
  5. 寄生虫の感染経路は?猫を飼いたい!メリット&デメリット!猫ひっかき病?~症状と治療法

気になる病気・症状

寄生虫の感染経路は?猫を飼いたい!メリット&デメリット!猫ひっかき病?~症状と治療法

狐や犬、猫やネズミなど多くの動物を媒介にして感染を広げる、エキノコックスという寄生虫はたしかに恐ろしいものですが、実はその感染経路というものは人にとって非常に限定的なものなのです。

 

■エキノコックスの感染経路

●あくまで経口による感染

エキノコックスは人獣共通感染症であり、主に感染した動物を介して人が感染することになります。

その主な感染ルートは感染した動物によって、汚染された水や食物を経口摂取することによるものです。

 

●感染した動物から排出される虫卵

エキノコックスが動物に感染した場合、主に内臓に感染し糞便とともに虫卵を排出させるようになります。この虫卵が人体に入り込むことで、初めてエキノコックスが人に感染することになります。

 

●限定された感染経路

虫卵は経皮感染などはせず、感染した動物の肉を食べて感染することもありません。

虫卵を排出するのはエキノコックスに感染した動物のみであり、人が感染しても虫卵を排出することはなく、人同士で感染を広げることもないのです。

 

●感染予防対策

エキノコックスの感染予防は、エキノコックスの宿主となった動物が排出した虫卵を、口に入れないよう、手洗いやうがいや食べ物の洗浄などを行い、さらに食べ物の場合は念入りに加熱することで、かなりのリスクを低減することができます。

 

そもそも感染源となる肉食の動物に触れる機会が現代社会において非常に限定された条件となります。

要注意なのが犬や猫などをペットとして飼っている人ですが、それも常日頃からペットの食事や衛生に気を遣い、動物病院などで定期的にペットを検査することで、かなりの安全性を確保することができるでしょう。

あとは野生の狐などを見かけても、気軽に近づかない様にすれば良いでしょう。

感染症がなくても、野生の動物に不用意に近づくことは危険な行為なので、子供などにも親がきちんと注意しておくことが必要です。

 

 

冷凍食品はリステリア感染症に注意!

誰かの家に集まってみんなでワイワイ食べたり飲んだりすることは、冬の時期には特に増えます。飲食店では衛生管理がなされているはずですからそんなことはないと思いますが、家では衛生管理の方法を考えているわけではありませんから、感染症などに気をつけなければなりません。

 

 

リステリア感染症

リステリア感染症はあまり馴染みのない感染症だと思います。リステリア感染症はリステリアという病原体によって生じるもので、食べ物から感染するものです。高熱、頭痛、体節痛などが主症状で下痢やおう吐などはあまり目立ちません。

 

リステリアの特徴

リステリアは4℃でも増殖可能なため、冷蔵庫の中で増殖することができます。さらにマイナス4℃でも活動することが可能で数年間もの間生存しますし、マイナス20℃でも生存することができます。さらに10%の食塩の中でも増殖することが可能で、この環境下でも数年間生存できます。また、精肉処理の除菌で行われる亜硝酸にも抵抗性があります。そしてリステリアに感染している食品でも味や香りに変化はありません。

 

リステリアを疑う食材

冷凍食品

メロン/チーズ

サラミ/ジャーキー/冷凍海産物/スモークサーモン/マグロ/タラ/サバ

リステリアは自然界のどこにでも存在していますので野菜や果実、肉、卵、魚など全ての食材が汚染されている可能性があります。冷凍食品に関して言うと、今は衛生管理の質が上がったためあまりありませんが、しばしば冷凍食品や保存食による感染が報告されています。上記を見ると比較的、肉や魚類に多く見られるもようです。特に保存食の場合、缶詰以外は可能性があるようです。

 

食材が汚染されていると気づくことは難しいですが、特に冷凍食品に関して言えば、過信せずに期限内に食べることなどを意識しましょう。

 

 

肉に寄生する旋毛虫の感染症

人と動物が共通して感染する感染症に、旋毛虫症という食中毒があります。この旋毛虫とは、動物の内臓ではなく最終的に筋肉に寄生する寄生虫で、その肉食を食べることによって、様々な肉食動物や人に感染を拡大する人獣共通感染症です。

 

肉食によって感染した旋毛虫は体内で繁殖し、増殖した幼虫が全身の筋肉に広がり寄生します。

 

■肉食で感染する旋毛虫

●広範囲の人獣共通感染症

旋毛虫は、ほぼ全ての肉食と雑食の動物が感染の対象となる、広範囲の感染症です。旋毛虫の幼虫が寄生するのは動物の筋肉であり、寄生した筋肉を摂取することで、幼虫を体内に侵入させ感染することになります。

 

1.獣肉を食べることで感染

旋毛虫は動物の筋肉に寄生し、寄生した動物の肉を十分に加熱や凍結をせずに、経口摂取することで感染します。

 

2.小腸で有性生殖

経口摂取で感染した旋毛虫は小腸で有性生殖を行ない、大量の幼虫を発生させます。

 

3.血液やリンパ液で全身の筋肉に

小腸から血液やリンパ液の流れに乗って、旋毛虫の幼虫が全身の筋肉に広がり、筋肉細胞に入り込み寄生することになります。

 

4.さらに感染拡大

旋毛虫が寄生した筋肉をさらに他の動物が食べる事でさらに感染が拡大します。

 

以上のように、旋毛虫が感染するのは肉食という経口摂取によるものであり、牛などの草食動物にはその心配は無く、雑食の豚などもきちんと管理された餌を摂取していれば、ほぼ心配することはありません。

 

現代社会では少なくなっていますが、野生の動物を狩猟によって狩り、その肉を食べることによって人にも感染する危険が発生する寄生虫なのです。日本ですと、野生の熊肉などがその原因として考えられます。

 

寄生虫ですので、しっかりと加熱し調理すれば寄生虫を殺すことができるので、野生の熊肉を食べたからと必ず旋毛虫症になるとは限りません。

 

熊肉に限らず、肉の生食を避けるようにすることをお勧めいたします。

 

 

子供と一緒に猫を飼いたい!メリット&デメリット!赤ちゃんと猫同居の体験談もあり

わが子がペットと楽しそうに遊んでいる姿は、とても愛くるしくほほえましい光景です。

しかし、ペットを飼うことは、お世話の大変さ以外に様々なデメリットも…。

 

下記に、猫を飼うときに起こる、メリット・デメリットを挙げるのでぜひ参考にして下さい。

 

子どもと一緒に猫を飼うメリット

 

心を豊かにする

子供にとってペットと一緒の生活で得られる最大のメリットは、「感情や情緒をはぐぐみ、心を豊かにする」ということではないでしょうか。

 

責任感・命の大切さ

また、どんな動物であれペットはぬいぐるみと違い、生きています。

生き物を飼うということは、その命を守ることにもつながるため、責任感を育てます。

そして、ペットが死んでしまったとしても、命の大切さを学ぶことができます。

 

子どもと一緒に猫を飼うデメリット

猫ひっかき病

猫を飼う場合、一番気をつけなければいけないのが、猫から人間へ感染する「猫ひっかき病」です。

猫ひっかき病は「バルトネラ菌」に感染している猫に、引っ掻かれたり噛まれたりすることで、バルトネラ菌が人間の体内に入り人間に感染します。

 

また、バルトネラ菌は猫のノミやダニにも存在するため、猫から傷を受けなくてもダニを介して感染する可能性もあります。

 

猫ひっかき病に感染すると、湿疹・リンパ節の腫れ・発熱・全身倦怠感などの症状が現れます。

感染しても多くの場合は自然治癒しますが、子供の場合、重症化してしまう可能性があるので注意が必要です。

 

予防には、猫がバルトネラ菌に感染しないように、他の猫との接触をできるだけ控えることが肝心です。

また、「猫と一緒に寝ない・口移しで食べ物を与えない・キスをしない」などのことを守るように子供に教えることも大切です。

猫や部屋を清潔にし、ノミやダニの繁殖を防ぐようにしましょう。

 

動物アレルギー

猫ひっかき病以外に気をつけたいデメリットは、「アレルギー」です。

動物アレルギーがあることに気が付かず、ペットを飼い始めてしまうと、ぜんそくやアトピーを発症させてしまう可能性が高まります。

事前にアレルギー検査を受けて、ペットを飼っても大丈夫かどうか調べましょう。

 

飼い始めてから後悔することがないように、メリット・デメリット両方を良く考えましょう。

 

 

猫に噛まれた傷が腫れた!これって猫ひっかき病?~症状と診断基準

猫ひっかき病とは、猫にひっかかれたり、噛まれたりすることで菌が感染し起こる病気です。この病気になると、皮膚の発疹、発熱、リンパ節の腫れ、全身の倦怠感などの症状が現れます。

 

◆主な症状

・皮膚に直径2~5mm程度の小さな湿疹や、うみをもった発疹ができる。

・ワキの下や頸部、足の付け根などのリンパ節が腫れる。リンパ節の腫れは硬く、押すと痛みがある。

・発熱や頭痛がある。

・全身の倦怠感がある。

 

◆診断基準

1:猫に噛まれた、または引っ掻かれたなど猫から受けた傷がある

2:猫を飼っている

3:血液検査で白血球やCRP(たんぱく質)の上昇がみられる

4:血液検査でバルトネラ・ヘンセラ菌に対する抗体があるかどうか

5:超音波検査やCTなどでリンパ節の腫れを確認

 

このうち4番目の検査でバルトネラ・ヘンセラ菌に感染していることが分かれば、猫ひっかき病であることが確定します。しかし、この検査は一部の大学病院でしか行われていないため、4番以外の項目で総合判断するケースがほとんどです。

 

たいていの場合は自然治癒することが多いのですが、リンパ節の腫れが鶏の卵よりも大きくなってしまったり、脳や脊髄、目などに症状が出るなど重症化する場合があるので、病気に心当たりがある場合は自己判断せず病院で治療を受けることが大切です。

 

 

猫ひっかき病になったらどうする?治療法は?

猫ひっかき病とは、その名の通り猫や犬にひっかかれたり、噛まれたりすることで起こる病気です。この病気になるとリンパ節の腫れ(さわると固く、押すと痛む)、発熱、湿疹、頭痛や吐き気などの症状が現れます。

 

治療方法

猫ひっかき病の原因となるバルトネラ菌が体内に入ると、およそ3~10後に発疹などが皮膚に現れ、その後発熱やリンパ節の腫れなどの症状が現れます。

症状が軽い場合は自然治癒で治りますが、痛みが出たり発熱などの症状が出た場合は、症状に合わせて解熱剤や鎮痛剤などが使用されます。

リンパ節の腫れが鶏の卵くらいにまで大きくなる、強い痛みを伴うなど症状が重症化した場合、外科処置として患部を切開して膿を出し、抗生物質の投与などを行う場合もあります。

 

この病気は健康な成人であれば軽度にすむ傾向にありますが、小さな子供や高齢者、糖尿病などで免疫力が弱っている人は重症化してしまう可能性もあります。

猫を飼っている家庭に、小さな子供やお年寄りがいる場合は、日ごろから感染を予防することが大切です。

 

 

予防方法

猫ひっかき病は猫から傷を受けなくても、猫についたノミから人へ感染するので、猫や部屋を清潔にしノミやダニを増やさないように心がけましょう。

特にノミは7月~12月に繁殖する傾向にあるので、この時期には特に注意が必要です。

また、猫ひっかき病となるバルトネラ菌は、子猫に多い傾向があるので子猫がいる家庭も注意が必要です。

 

もし、猫や犬にひっかかれてしまったら、石鹸でよく洗い消毒しましょう。その後、猫ひっかき病の症状が現れたら、早めに皮膚科や内科を受診することをお勧めします。

 

(Photo by: http://www.photo-ac.com/main/detail/1118?title=%E9%AD%9A&c_id=3)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-08掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

様々な感染性!心内膜炎が原因で爪に内出血!ノロウイルス、MERSとは..石けんの殺菌効果に違いは無い?疥癬になった時の対処法!

爪の内出血は、ケガ以外の原因でも生じます。その1つが、「感染性心内膜炎」です...

敗血症の初期段階ではどんな治療法が行われるの?患者の状態に応じた治療、急性期の『血液浄化装置』とは?!

まずはじめに、敗血症がどのような疾患であるのかを、皆様はご存知でしょうか?敗...


敗血症性ショックって何?敗血症による多臓器不全と出血傾向と治療!敗血症・重症敗血症の症状の違いとは

敗血症は血流への細菌感染により、全身に炎症反応が起こるだけでなく、感染した細...

カラダノートひろば

その他の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る