カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. 寄生虫 >
  5. 旋毛虫 >
  6. お肉の筋肉に寄生している!旋毛虫による症状と主な感染部位とは?

気になる病気・症状

お肉の筋肉に寄生している!旋毛虫による症状と主な感染部位とは?

 

人に寄生する寄生虫と言えば、主に内臓に寄生するというものを思い浮かべるかもしれませんが、中には旋毛虫のように人の筋肉に寄生する寄生虫も存在します。
寄生部位が筋肉であるからには、当然その症状は筋肉の動きに関わるものがほとんどであり、感染によって筋肉の動きが低下し、様々な活動に影響を及ぼすものとなります。

 

■筋肉細胞に寄生する旋毛虫


●小腸で増殖し、全身の筋肉に感染拡大
旋毛虫が感染する当初は幼虫ですが、経口摂取によって小腸に侵入すると成虫となり、小腸の中で有性生殖によって大量の幼虫を発生させます。
この増殖した幼虫が,血液やリンパ液によって全身の筋肉に広がることで、筋肉細胞に旋毛虫の幼虫が寄生し、様々な筋肉に関する症状を引き起すことになります。

●旋毛虫症による諸症状
旋毛虫が筋肉細胞に寄生し被嚢を形成して、感染した筋肉に様々な症状を引き起します。


1.筋肉痛
2.発熱
3.発疹
4.脱力感
5.浮腫

●主に感染する筋肉の部位


1.眼
眼の周りの筋肉に感染し、眼の周りにむくみを引き起します。
2.舌、喉
舌や喉の筋肉に感染した場合、喉の筋力が低下し呼吸困難になる場合や、食べ物を飲み込みにくくなり、舌の場合はしゃべりにくい自覚症状が発生することになります。
3.横隔膜
横隔膜や肋間の筋肉が感染した場合、呼吸のために肺を動かす筋力が低下し呼吸がしにくく感じられます。
4.心臓の心筋に感染
心臓を動かす心筋が旋毛虫に感染した場合、心臓の活動が低下し死亡してしまう危険もあります。

筋肉に寄生し、筋力を低下させる旋毛虫の症状は一見特徴的に見えますが、似たような症状はそれ以外の様々な疾患に見られるものがほとんどです。
筋肉の症状から旋毛虫の感染を疑うには、それまでの食事内容などを念入りに見直す必要があります。

 

(Photo by://www.photo-ac.com/main/detail/3774)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

旋毛虫に関する記事

旋毛虫で食中毒…旋毛虫の感染症の危険性は畜産よりも野生のお肉!その理由

旋毛虫の感染拡大は、旋毛虫の幼虫が寄生した筋肉を摂取することで広がります。 ...

診断が難しい?!他の疾患と間違えやすい食中毒「旋毛虫症」の症状について

  口から入り小腸で増殖し、さらには全身の筋肉に寄生を広げる旋毛虫症の治療...


食中毒の事後対策にも!旋毛虫症の早期発見・早期治療に役立つ食歴のつけ方

  旋毛虫症とは、食中毒の中でもきわめて見分けにくい疾患と言えます。 旋毛虫が...

寄生虫による食中毒「旋毛虫症」の2種類の症状に対する治療法とは?

  寄生虫は、一度寄生すると人の身体に居座り、様々な害を与えます。 寄生虫...

カラダノートひろば

旋毛虫の関連カテゴリ

旋毛虫の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る