カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. 寄生虫 >
  5. 旋毛虫 >
  6. 初期症状は腹痛と下痢…初期症状に気付きにくい旋毛虫感染について

気になる病気・症状

初期症状は腹痛と下痢…初期症状に気付きにくい旋毛虫感染について

 

旋毛虫症はいわゆる食中毒の一種ですが、食中毒という疾患はその原因を特定することが非常に重要となってきます。
単に食中毒と言っても、中には長期の潜伏期間の後、食中毒症状を発症する物があり、この旋毛虫症にも一週間ほどの潜伏期間があります。
しかし、その食中毒の症状が初期症状として発症するからこそ、一週間ほど前の食事内容から旋毛虫感染の可能性を導き出すことができるとも言えます。
しかし、その初期症状も場合によっては全く発症せずに、無自覚に感染することも有り得ます。

 

■無症状な旋毛虫感染

●初期症状は感染した寄生虫の数に左右
旋毛虫感染による初期症状は腹痛と下痢ですが、その初期症状がはっきりと現れるとは限りません。旋毛虫に感染した食肉を摂取したとしても、体内に入り込んだ旋毛虫の数が少なければ自覚症状が全くなく、静かに感染症状が進行し、無症状で筋肉に旋毛虫が寄生する可能性もあります。

●特定の難しい旋毛虫症の症状
旋毛虫症の諸症状は、


1.筋肉痛
2.浮腫
3.発熱、発疹
4.脱力感


など、単なる疲労やその他の疾患と判別の困難な症状ばかりです。


●旋毛虫症の特定が遅れる
食中毒の一般的な症状である下痢や腹痛が初期症状として現れれば、直ぐにでも食中毒を自覚し、それまでの食事内容から旋毛虫の感染を自覚することができるでしょう。
しかし、旋毛虫症に感染したことを自覚できず、治療の開始が遅れてしまう可能性もでてきます。

食中毒の症状がでない旋毛虫症の場合は、血液検査などで調べることは可能です。
しかしその血液検査を行う為にも、症状以外に旋毛虫症である疑いがあることを示す要素が必要となります。
野生の肉食か雑食の動物の肉を食べた場合など、きちんと記憶しておき、診断する医者に必ず伝えるようにしましょう。

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/5503?title=%E7%B7%91%E3%81%AE%E6%9C%A8%E3%80%852)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

旋毛虫に関する記事

食中毒「旋毛虫症」予防のために!ジビエ料理に注意が必要な理由

  旋毛虫症は食中毒の一種ですが、多くの人には耳慣れない病名だと思います。...

気づきにくい食中毒、旋毛虫症を防ごう!気を付けなければならない食の安全

  旋毛虫症という食中毒は、本来ならば滅多にかかることの無い類いの稀な食中...


寄生虫による食中毒「旋毛虫症」の2種類の症状に対する治療法とは?

  寄生虫は、一度寄生すると人の身体に居座り、様々な害を与えます。 寄生虫...

その症状、旋毛虫に感染したためかも?!旋毛虫による食中毒の初期症状について

  旋毛虫に寄生された旋毛虫症は、一般に食中毒と言われる疾患に分類されます...

カラダノートひろば

旋毛虫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る