カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. 寄生虫 >
  5. 旋毛虫 >
  6. 旋毛虫による食中毒を予防しよう!まずはお肉の加熱処理!他にはどんな方法が?

気になる病気・症状

旋毛虫による食中毒を予防しよう!まずはお肉の加熱処理!他にはどんな方法が?

 

旋毛虫を予防するには、なによりも旋毛虫が寄生している可能性のある、野生の動物の肉を食べないことが第一となります。
しかし最近は、ジビエ料理など一般にも野生の動物を食用する風潮が広まっており、野生の肉を食べる機会も増えています。
そこで、たとえ旋毛虫が寄生している肉であっても安全に食べる予防対策が必要となります。それは、ある意味当然ですが加熱処理です。

■旋毛虫を予防するには加熱処理


●寄生虫を殺す加熱と冷凍
動物の筋肉や内臓などに、様々な細菌や寄生虫が存在するのは自然のことです。だからこそ、食肉を保存する場合は低温で冷凍させ細菌の繁殖を抑え、調理する際には十分に加熱して殺菌し、寄生虫を駆除することが必要となります。

▼加熱処理
食肉内に存在する細菌や寄生虫が生存できない高温を長時間与え続けることで、細菌と寄生虫を殺すために行ないます。
殆どの場合、肉が全て茶色に変色するほど加熱処理を行なうことで、食中毒の危険性が回避できるでしょう。

▼冷凍処理
加熱処理とは逆に、細菌や寄生虫が活動できない低温で保存する処理です。
中には冷凍処理で死滅する細菌や寄生虫も存在しますが、一部、低温で活動が抑制されても、常温に戻った途端に再び活動を再開する細菌や寄生虫が存在するため、安全が完璧に確保されるとは言えません。

旋毛虫も当然、生存できない環境にさらされると死滅することになります。
肉に寄生しているかもしれない旋毛虫を死滅させるために、生存できない温度に加熱、もしくは冷凍処理を行なうことは非常に有効です。
ただし、寄生虫や細菌の種類によっては生存可能な温度域が異なり、特に低温に関してはその効果は万全とは言えません。
最も信頼できる旋毛虫予防としては、口にする肉の全てに充分な加熱処理を行なうことです。

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/5510?title=%E7%B7%91%E3%81%AE%E6%9C%A8%E3%80%853)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

旋毛虫に関する記事

初期症状は腹痛と下痢…初期症状に気付きにくい旋毛虫感染について

  旋毛虫症はいわゆる食中毒の一種ですが、食中毒という疾患はその原因を特定...

旋毛虫で食中毒…旋毛虫の感染症の危険性は畜産よりも野生のお肉!その理由

旋毛虫の感染拡大は、旋毛虫の幼虫が寄生した筋肉を摂取することで広がります。 ...


お肉の筋肉に寄生している!旋毛虫による症状と主な感染部位とは?

  人に寄生する寄生虫と言えば、主に内臓に寄生するというものを思い浮かべる...

食中毒「旋毛虫症」予防のために!ジビエ料理に注意が必要な理由

  旋毛虫症は食中毒の一種ですが、多くの人には耳慣れない病名だと思います。...

カラダノートひろば

旋毛虫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る