カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. 寄生虫 >
  5. 旋毛虫 >
  6. 食中毒「旋毛虫症」予防のために!ジビエ料理に注意が必要な理由

気になる病気・症状

食中毒「旋毛虫症」予防のために!ジビエ料理に注意が必要な理由

 

旋毛虫症は食中毒の一種ですが、多くの人には耳慣れない病名だと思います。
それは、この旋毛虫という寄生虫が寄生している肉が、一般的に食肉とされていない種類の動物の肉であることがほとんどだからです。
ですので、趣味や仕事で野生の動物を狩猟し、実際に食べることがある人に多く感染します。
しかし、ジビエ料理が注目されるなど、流行の流れによって一般の人にも旋毛虫症の予防対策が必要になってきているかもしれません。

 

 

■旋毛虫の危険性が高い野性肉


●旋毛虫の危険が高い野性の肉
旋毛虫がいる危険が高いのは、きちんと管理されて育てられ、出荷時に検査もされている畜産の肉よりも、野生の獣、それも一般の人が狩猟によって捕獲し処理した野生の肉です。このような肉ほどしっかりと、加熱処理をすることが求められます。

●害獣の狩猟
日本では狩猟で食肉を確保することは一般的とは言えませんが、農作物などに害を与える害獣を減らすために、野生のしかやイノシシ、時には熊などが捕獲されることがあります。

▼ジビエ料理
捕獲した動物を食肉として再利用するジビエ料理などが、日本でも広まる傾向があります。


▼生食の流行
日本で一般に食べられる食肉のほとんどが安全性の高いものであり、より新鮮な状態で味わうため、肉をレアな状態で食べる事が好まれるようです。
販売されている安全な肉と同様に野生の肉を扱い、生に近い状態で食べてしまう事で旋毛虫に感染する危険が高くなります。



ジビエ料理など野生の肉は、畜産業の安全な肉とは違うと言うことを念頭に置いて、その危険性を緩和する加熱処理などをしっかりと行なうことが、重要な予防法でしょう。

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/1349?title=%E3%82%82%E3%81%BF%E3%81%98%E3%81%A8%E3%81%82%E3%81%98%E3%81%95%E3%81%84&c_id=4)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

旋毛虫に関する記事

寄生虫による食中毒「旋毛虫症」の2種類の症状に対する治療法とは?

  寄生虫は、一度寄生すると人の身体に居座り、様々な害を与えます。 寄生虫...

駆虫薬や死骸が原因でアレルギー?!メベンダゾールによるアレルギー反応について

  人の体内に侵入し、感染を拡大しようと小腸で活動を始めた旋毛虫に有効な治...


気づきにくい食中毒、旋毛虫症を防ごう!気を付けなければならない食の安全

  旋毛虫症という食中毒は、本来ならば滅多にかかることの無い類いの稀な食中...

寄生虫による食中毒「旋毛虫症」診断に有効な検査には何がある?

  一度寄生されると、小腸から全身の筋肉に感染を広げる旋毛虫症は、診断は非...

カラダノートひろば

旋毛虫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る