カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. 寄生虫 >
  5. 旋毛虫 >
  6. 駆虫薬や死骸が原因でアレルギー?!メベンダゾールによるアレルギー反応について

気になる病気・症状

駆虫薬や死骸が原因でアレルギー?!メベンダゾールによるアレルギー反応について

 

人の体内に侵入し、感染を拡大しようと小腸で活動を始めた旋毛虫に有効な治療法は、駆虫薬メベンダゾールの服用です。
小腸で増えつつある旋毛虫の幼虫を、一気に退治することが期待できます。
しかし、退治した際にできる旋毛虫の死骸の数によっては、アレルギー反応を引き起してしまう危険性もあります。
体内に寄生した旋毛虫の数が、余りにも多くなってしまっていた場合は、駆虫薬だけではなく、同時にアレルギー対策を行なう必要が出てきます。

 

 

■メベンダゾールによるアレルギー反応


●駆虫薬で発生するアレルギーのリスク
旋毛虫など体内に入り込んだ寄生虫を駆除するには、虫下しといわれるメベンダゾールが有効です。しかし、強力な駆虫薬で体内の寄生虫を一気に全滅させると、同時にアレルギー反応を引き起すリスクがあります。

●旋毛虫の死骸がアレルギーの原因に
このアレルギー反応は服用した駆虫薬メベンダゾールが直接原因ではなく、薬によって死滅した、大量の旋毛虫の死骸がアレルゲンとなる事で発生します。

体内に入り込んだ旋毛虫が大量であるほど、アレルゲンとなり得る死骸が大量に発生するので、駆虫薬と同時にアレルギー反応対策が必要となります。


▼ステロイド薬
アレルギー反応を抑える為に有効なのがステロイド薬であり、メベンダゾールと併用することで旋毛虫を駆除しつつ、アレルギー反応のリスクを回避することができます。


細菌よりも遙かに大きな異物である旋毛虫の死骸が、体内で大量発生するということは、その分激しいアレルギー反応引き起す危険性があるということです。

 

(Photo by://www.photo-ac.com/main/detail/5892)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

旋毛虫に関する記事

初期症状は腹痛と下痢…初期症状に気付きにくい旋毛虫感染について

  旋毛虫症はいわゆる食中毒の一種ですが、食中毒という疾患はその原因を特定...

診断が難しい?!他の疾患と間違えやすい食中毒「旋毛虫症」の症状について

  口から入り小腸で増殖し、さらには全身の筋肉に寄生を広げる旋毛虫症の治療...


寄生虫による食中毒「旋毛虫症」の2種類の症状に対する治療法とは?

  寄生虫は、一度寄生すると人の身体に居座り、様々な害を与えます。 寄生虫...

食中毒「旋毛虫症」予防のために!ジビエ料理に注意が必要な理由

  旋毛虫症は食中毒の一種ですが、多くの人には耳慣れない病名だと思います。...

カラダノートひろば

旋毛虫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る