カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. 寄生虫 >
  5. 旋毛虫 >
  6. 診断が難しい?!他の疾患と間違えやすい食中毒「旋毛虫症」の症状について

気になる病気・症状

診断が難しい?!他の疾患と間違えやすい食中毒「旋毛虫症」の症状について

 

口から入り小腸で増殖し、さらには全身の筋肉に寄生を広げる旋毛虫症の治療は、いかに早い段階で旋毛虫を退治するかが重要となります。
しかし、旋毛虫症の症状は多くの疾患と共通するものばかりで、診断が難しい疾患でもあるのです。

 

■旋毛虫症と鑑別しなければならない疾患


●紛らわしい旋毛虫症の症状
旋毛虫症の症状は、旋毛虫が寄生する筋肉の諸症状が主であり、筋肉や関節に関わる他の疾患と似ているため、きちんと鑑別するには入念な検査が必要となります。

旋毛虫症の症状に似た疾患

 

1.急性リウマチ熱
原因不明の自己免疫反応による炎症性疾患であり、様々な筋肉や関節で炎症性の熱と痛みを発生させます。その痛みと発熱が旋毛虫症の症状と似ており見分けることが難しくなります。


2.急性関節炎
旋毛虫が被嚢幼虫として筋肉に寄生した際に起こる関節痛と発熱は、関節炎の症状とほとんど同様であり、原因がはっきりとしない場合の関節炎など、旋毛虫症の可能性も考慮しなくてはなりません。


3.血管性浮腫
まぶたのむくみや喉や消化器官のむくみなど、旋毛虫症に似た症状が現れます。


4.筋炎
旋毛虫による筋肉への寄生が原因で、関節炎と同様に筋肉痛を発生させます。


5.結核
旋毛虫は喉や舌などの筋肉に寄生することもあり、その付近の筋力を低下させ呼吸困難等を引き起し結核に似た症状となる場合があります。


6.敗血症
血液によって細菌感染が全身に回る敗血症と、小腸で増殖し血液とリンパ液で全身に感染を広げる旋毛虫は、全身疾患として似たような症状を伴います。


旋毛虫症に似た疾患はたくさんあり、医者としても判断が難しいようです。
いち早く旋毛虫症と特定するには、旋毛虫の寄生の疑いがある食肉を食べたか、つまりは最近の食事の履歴が必要となるのです。
食歴を記録する習慣を付けるか、野生の動物の肉を食べたということを速やかに医者に伝えるようにしましょう。

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/3873)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

旋毛虫に関する記事

気づきにくい食中毒、旋毛虫症を防ごう!気を付けなければならない食の安全

  旋毛虫症という食中毒は、本来ならば滅多にかかることの無い類いの稀な食中...

旋毛虫で食中毒…旋毛虫の感染症の危険性は畜産よりも野生のお肉!その理由

旋毛虫の感染拡大は、旋毛虫の幼虫が寄生した筋肉を摂取することで広がります。 ...


食中毒の事後対策にも!旋毛虫症の早期発見・早期治療に役立つ食歴のつけ方

  旋毛虫症とは、食中毒の中でもきわめて見分けにくい疾患と言えます。 旋毛虫が...

駆虫薬や死骸が原因でアレルギー?!メベンダゾールによるアレルギー反応について

  人の体内に侵入し、感染を拡大しようと小腸で活動を始めた旋毛虫に有効な治...

カラダノートひろば

旋毛虫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る