カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. その他 >
  5. 敗血症予防には免疫力改善が効果的!

気になる病気・症状

敗血症予防には免疫力改善が効果的!

 

敗血症の原因は、一般的には血管内部の血液に細菌が感染することだと思われているかもしれませんが、実際にはそれだけではありません。
もちろん、血液に細菌が侵入しなければ敗血症にはなりませんが、そもそも人の体内には無数の細菌が常在しています。そんな細菌だらけの状態でも、血液が細菌から守られているのは、人の免疫機能が血液を守っているからです。敗血症は、血液を守れないほど免疫力が低下してしまったことが最大の原因と考えられます。

 

 


●敗血症とは常在菌が原因


敗血症は血液に起こる細菌感染の疾患ですが、その感染する細菌は、なにも外部から特別な細菌が侵入するものであるとは限りません。むしろ、元から体内に存在する常在菌が、血液に侵入することが敗血症の原因なのです。

●常在菌が有害になるのは免疫力低下のため


常在菌は細菌とは言っても、本来なら宿主である人の健康を害するようなものではありません。それどころか健康に有益な働きをする細菌も数多く存在します。
そうした無害な細菌が敗血症を引き起すのは、細菌を無害に押さえ込む免疫力の低下が考えられます。

●健全な体調管理、維持


人の免疫力が低下する要因は様々な物がありますが、まず考えられるのが体力の低下です。特に細菌による感染症によって体力が低下した場合は、体力低下による免疫力低下に加えて、感染症による細菌感染のリスクを伴い、敗血症になりやすい状態と言えます。

本来の健全な免疫力が維持されていれば、人の身体に存在する常在菌は有益に働き、有害な影響をシャットダウンすることが可能なのです。
常在菌による敗血症の予防は、健全な免疫力の維持が最も合理的な対策となります。

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/7038?title=%E7%AC%91%E9%A1%94%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BC2)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

猫に噛まれた傷が腫れた!これって猫ひっかき病?~症状と診断基準

猫ひっかき病とは、猫にひっかかれたり、噛まれたりすることで菌が感染し起こる病...

敗血症を予防するには何が効果的なの?

  敗血症、別名「全身性炎症反応症候群」という疾患を耳にした事はありません...


集中治療が必要になることも…小児の敗血症を予防するには?

  敗血症という疾患を聞いたことがある人は少ないかもしれません。 この名前だ...

人獣共通感染症の原因寄生虫「エキノコックス」中間宿主と終宿主について

  エキノコックスの感染は、肉食や雑食の動物の糞便に含まれた虫卵を経口摂取...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る