カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 敗血症 >
  5. 敗血症の原因となる感染症を予防するには?

気になる病気・症状

敗血症の原因となる感染症を予防するには?

 

敗血症とは血管内部まで細菌が侵入し、全身を巡る血液が細菌に感染してしまうことによって発症する全身性炎症反応症候群です。
血液に感染して敗血症を発症させる細菌自体はそう特別なものではなく、体に当たり前に存在する細菌によって感染症が悪化することで、敗血症に至るケースがほとんどです。

 

 

●敗血症の始まりは感染症


敗血症は、全身に及ぶ広範囲の細菌感染です。特別な疾患と思われがちですが、普段の些細な感染症から血流を介して、一気に感染が広がることがあります。

▼原因となる細菌の増殖
敗血症の原因となる細菌は特別なものだけでなく、誰にでも当たり前に存在する常在菌の場合もあります。普段は無害な常在菌でも、異常に増殖し影響力を高めることで敗血症の原因となります。


▼感染症による体力の低下
こうした細菌の増殖、血流への細菌感染が起こるのは、なにより本人の体力の低下による免疫力の衰えが要因なのです。
血液には免疫の要である白血球が豊富に存在しており、免疫力が正常ならばまず血液で細菌の感染が広がることは考えられません。

●敗血症の予防


1.感染症を予防
前述のように敗血症の始まりは、きわめて一般的な感染症ですので、その感染症を予防することで敗血症のリスクを回避することが可能です。
手洗いやうがいなど、日常的な対策が有効となるでしょう。

2.感染症の早期治療
もし感染症になったとしても、細菌が増殖し、体力と免疫力が低下してしまう前に感染症を完治させ、体内の細菌感染を終息させれば、敗血症になるリスクを減らすことができます。

3.迅速な体力と免疫力の回復
病み上がりや、日常的な疲れやストレスによって起こる体力の低下を放置せず、素早く体力回復に努め、免疫力を正常に維持する事が、敗血症だけでなく感染症の最高の予防対策となります。



敗血症を予防するためには、その原因となり得る感染症を予防することで、体内の細菌増加を抑制し、免疫力の維持に必要な体力も保つことができるでしょう。

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/1615)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

敗血症に関する記事

免疫力低下で上昇する敗血症リスク

    敗血症となるのは感染症が悪化した場合や、血管内部に細菌が侵入して...

細菌感染症によって始まる敗血症とは?

  敗血症は血液に細菌が侵入する感染症の一種と思われがちですが、実際には多...


敗血症による全身性炎症反応症候群とは?

  敗血症とは一般的に、血液に細菌が感染することによって発症する、感染症の...

カテーテルによる敗血症の危険とは

  血管内に細菌が侵入し、血流を通して全身に感染が広がる敗血症は、一般には...

カラダノートひろば

敗血症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る