カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 過眠 >
  4. どれだけ寝るの? 反復性過眠症

不眠・睡眠障害

どれだけ寝るの? 反復性過眠症

 

睡眠障害の中には不眠症もあれば過眠症もあります。
不眠症はよく眠れないという症状、過眠症は寝過ぎてしまうという症状です。


●過眠症の基準


過眠症は、医学的には1日10時間以上の睡眠を2週間以上取っているということが条件となっています。
これも絶対ではなく、問診や検査を通して正確に判断していきます


●反復性過眠症とは


反復性過眠症傾眠期間欠期という2種類の時期を持つ病気です。
傾眠期には1日15時間~18時間眠り、間欠期には1日6-8時間程度眠ります。
間欠期になると症状が嘘のように回復するのが反復性過眠症の特徴と言えるでしょう。
傾眠期は3日から3週間程度が一般的とされています。
また、この反復性過眠症は10代で発症が認められることの多い病気で、男女比で言えば女性よりも男性の方がかかりやすい病気でもあります。
傾眠期の食事・トイレは可能です。
ただし本人の意識はあまりなく、食事・トイレ以外の活動は不可能といっても過言ではありません。


●反復性過眠症の中の2種類の過眠症


反復性過眠症には、クラインレビン症候群月経関連過眠症という2種類の過眠症があります。
月経関連過眠症は女性のみに起こる過眠症で、傾眠期は月経前の1週間と言われています。
クラインレビン症候群の方は傾眠期、間欠期に個人差が大きくあります
また、クラインレビン症候群の人の多くは傾眠期に過食傾向があるということがわかっています。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/06/29-364256.php)

著者: dockさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

過眠に関する記事

睡眠記録をとった際の活用方法

生活の記録として睡眠の記録を取っている方もいると思います。せっかく記録をとった...

睡眠障害は不眠症だけではありません 睡眠障害の種類と原因とは

  睡眠障害は「不眠症」と「過眠症」があります。睡眠障害というと多くの方が「不眠...


眠れる森の美女?! クラインレビン症候群の実例

  クラインレビン症候群は反復性過眠症のひとつで、周期性過眠症とも呼ばれて...

秋の睡眠障害・過眠を予防したい!スリープセレモニーを取り入れてみよう

秋は、環境的には眠りやすいですが、徐々に日差しが弱くなることから1日の体内リズ...

カラダノートひろば

過眠の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る