カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 種類 >
  5. 爪が黒色になるのは悪性の癌

ガン・悪性腫瘍

爪が黒色になるのは悪性の癌

爪に起こる異常の中で最も危険なのが、爪の下の皮膚が黒くなる症状かもしれません。まるで爪自体が黒くなったかのような異常ですが、実際には爪の下の皮膚が黒くなっており、一見すれば単に爪の下にほくろができたかのように感じられるかもしれません。

 

しかし、爪の下の黒いできものは、進行の早い悪性の癌細胞である可能性があるのです。

 

■爪の癌、悪性黒色腫

●爪の下の皮膚にできる悪性腫瘍

厳密に言うと爪にできる癌などではなく、爪の下にある皮膚にできる悪性黒色腫ですが、爪が真っ黒に見えることから、良く爪の癌として扱われます。

 

●進行の早い癌

悪性黒色種は非常に進行の早い癌で、見つかった場合は速やかに患部を拡大切除する必要があります。このとき、もちろん爪も切除することになるでしょう。

 

●見た目ではなく命の問題

爪が真っ黒に染まる悪性黒色腫は、良く見た目の問題だと受け止められ、人によっては治療をしようとしない場合もあります。ですがれっきとした癌であり、しかも進行が早く転移もしやすい危険な悪性腫瘍なのです。

 

悪性黒色腫を早急に治療するためにも、爪の黒い斑点は危険だという知識を記憶しておきましょう。

 

見た目にも目立つ黒い爪は、美容にも深刻な影響を与えるため、最初は美容皮膚科など見た目だけの対処を求めて診断を受ける人も多いでしょう。しかし、悪性黒色腫であった場合は命の危険がある状態であり、即治療が必要です。

 

できることなら、爪が少しでも黒く変色したように感じられたその段階から、悪性黒色腫を疑った方が良いかもしれません。

 

ただし、爪が黒くなったからといって悪性黒色腫であるというわけではなく、健康に害のない原因による爪の些細な異常という可能性もあることも憶えておきましょう。 

(Photo by: //www.photo-ac.com/)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

骨肉腫!悪性骨腫瘍の半数を占める骨肉腫癌と30種類以上ある軟部腫癌

転移がなければ半数以上が治る「骨肉腫」 骨肉腫は、悪性骨腫瘍のほぼ...

原発性中枢神経性リンパ腫ってどんな病気?

  この疾患は全身所見がない状態で脳や脊髄、眼球などに発生する悪性リンパ腫...


耳のがん「聴器がん」~中耳炎に似た症状の耳のがん「中耳がん」の症状と治療

がんは全身のあらゆる部位にできる可能性があるものですが、「耳のがん」というの...

日本人は胃から発症しやすい?悪性リンパ腫の症状や治療について

    ■悪性リンパ腫とは?   悪性リンパ腫は、リンパ系の組織から発生する腫...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る