カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 巻き爪 >
  5. 爪への兆候が現れる疾患の治療法とは?

気になる病気・症状

爪への兆候が現れる疾患の治療法とは?

 

爪に異常が現れたからと、爪にだけ問題があるとも限りません。
爪は内臓の異常が反映されやすい器官であり、多くの内臓疾患の症状が爪の異常として現れます。
爪の異常を見ることで、内臓の状態をある程度知ることができるほどです。
そしてその爪の異常は、原因の内臓が健康になるまで治ることは殆どなく、一時的に対症療法を繰り返しても、その度に再発するのです。
内臓疾患による爪の異常を直すには、その原因となる疾患を治療するしかありません。

 

 

●内臓の異常が現れる爪


爪の形は、内臓の異常などの一部の疾患によって変形が起こることがあり、この爪の変形は巻き爪や陥入爪のように爪の治療の必要はありません


▼原因疾患を治療しないと治らない
爪に異常を表している原因疾患を治療しない限り、形だけ爪を治療しても決して治ることはないと言えます。

●それぞれの爪の異常に必要な治療


1.時計皿爪
爪全体が時計のガラスのように丸く隆起するこの時計皿爪は、原因となる心臓疾患か肺の疾患を治療することが必要です。


2.スプーン爪
爪がスプーンの様になっている原因は鉄分が不足していることを示し、不足した鉄分を補充する食事療法が有効となります。


3.爪甲横溝
爪の傷とも思える横溝は、感染症や糖尿病の可能性があり、感染症の場合は治療が可能です。感染症の完治により爪の成長も正常となります。


4.爪甲縦溝
爪の縦溝は老化が原因であるため、完治させることは老化を食い止めることと同様に難しいこととなります。
アンチエイジングなどで老化を遅らせることで、症状を緩和することはできるでしょう。


加齢や感染症など、予防できることが難しい場合もありますが、その他の疾患、特に鉄分不足などは、日頃の食事改善などで解決できるでしょう。
心疾患や肺疾患なども早期に治療を始めることで、回復する見込みは十分あるはずです。
早期治療を始めるためにも、内臓の兆候が現れる爪の変化は常に気にしておいた方がよいかもしれません。

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/586)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

巻き爪に関する記事

生えかわる過程で巻き爪に?爪下血腫から起こる巻き爪の症状と予防

  爪の下が内出血を起こして血栓ができる爪下血腫は、ほとんどの場合は自然治...

正しい爪の切り方をしよう!巻き爪防止

  爪の切り方は大事です。 爪の切り方をあやまると、爪が正しく伸びていかないた...


巻き爪が進行すると手術が必要!?

  巻き爪とは主に足の親指に起こり、深爪や圧迫などにより爪が内側に巻き込んで肉...

巻き爪を矯正するグッズいろいろ

  巻き爪の矯正では保険が適用にならないものがあります。 外科処置が必要な治療...

カラダノートひろば

巻き爪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る