カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 巻き爪 >
  5. 爪の異常を予防するための対策とは

気になる病気・症状

爪の異常を予防するための対策とは

 

爪の異常を予防すると一口に言っても、その原因は様々なものが考えられます。
代表的な爪の異常の原因としてあげられるのが、爪への継続的な圧力などによる変形、そして内臓疾患など別の病気の兆候として現れる爪の成長異常です。
それぞれの爪の異常には、当然別々の予防対策が必要となります。

 


爪の異変の主な原因


爪は放っておいてもどんどん成長し、頻繁に切らなければいけない体毛に次ぐ、人体で最も活発に伸びる器官であると言えます。
その爪に異変が起こる原因には、継続的な爪への負担の継続、内臓疾患の影響による成長異常、そして水虫菌による浸食などが考えられます。

爪の変化を予防するための対策


1.爪の負担を緩和


●合わない靴の買い換え
足の爪の変形はほとんどの場合が、合わない靴や極端に爪先を圧迫する種類の靴を無理にはき続けることにあります。
正常な爪を保つには、爪をのびのびと伸ばすための余裕が必要なのです。


●爪の補強
手作業や力仕事など、指先や爪先に極端に負担が掛かることが想定される場合、テーピングなどで爪を保護し、形状を維持しやすいように補強することも有効でしょう。

2.内臓疾患の健康維持


●全体の健康管理
爪に変化が現れなくても、常に内臓を健康に保つように様々な対策を行なうことが、爪の変化を予防することに繋がります。


●爪の変化を見逃さない
内臓疾患の影響が爪に現れやすいと言うことは、わかりにくい身体の内側の疾患を爪を見ることで早期に把握できると言うことです。
爪の小さな変化も見逃さず、早期に病院の診断を受けることは、内臓の異常の早期治療に大いに役立つことになります。



単純に圧力で爪が変形する巻き爪などは、その原因を緩和することで予防対策となりますが、内臓疾患の兆候や水虫などが原因となる爪の異常は、爪への対策よりもその原因疾患を予防する、もしくは早期に完治させることが唯一の予防対策です。
爪はある意味健康のパラメーターであり、美しい爪には健康な体が必要ということを憶えておきましょう。

 

(Photo by: http://www.photo-ac.com/main/detail/1281)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

巻き爪に関する記事

正しい爪の切り方をしよう!巻き爪防止

  爪の切り方は大事です。 爪の切り方をあやまると、爪が正しく伸びていかないた...

巻き爪を防止するための正しい爪の切り方とは?巻き爪の症状と予防法は?

生えかわる過程で巻き爪に?爪下血腫から起こる巻き爪の症状と予防 爪の下...


内臓疾患の兆候としての爪異常とは?

  正常ならばスッキリとした綺麗な形状で発育する爪ですが、様々な要因で爪の形が...

爪への兆候が現れる疾患の治療法とは?

  爪に異常が現れたからと、爪にだけ問題があるとも限りません。 爪は内臓の...

カラダノートひろば

巻き爪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る