カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 肺胞タンパク症 >
  5. 呼吸障害を引き起こす!肺胞に溜まる肺サーファクタントによる呼吸障害について

気になる病気・症状

呼吸障害を引き起こす!肺胞に溜まる肺サーファクタントによる呼吸障害について

 

肺胞タンパク症とは、肺胞の中に液状の蛋白様物質が溜まり、肺胞が呼吸による酸素を取り込むことを障害して、呼吸障害を引き起してしまう疾患です。なぜこのように肺胞を沈めてしまうほど、液体が溜まってしまうのでしょうか。この液体には本来、肺胞を保護するための肺サーファクタントというものがあり、本来なら過剰に分泌されたとしても分解されます。ですが、その分解機能がおかしくなると、肺胞に際限なく蓄積されるようになってしまいます。

 

 

 

●肺胞口内に溜まる蛋白質


肺胞タンパク症とは、呼吸によって体内に酸素を取り込むはずの肺胞内部に、リポ蛋白様物質が蓄積し、呼吸を阻害して呼吸困難にしてしまう疾患です。

●肺サーファクタント由来の貯留物質


肺胞に溜まるリポ蛋白様物質は、生体界面活性剤である肺サーファクタント由来のものであり、本来なら肺胞マクロファージによって分解除去される物質です。

●肺胞マクロファージの機能障害


肺胞タンパク症とは、この肺サーファクタント由来の貯留物質を分解するはずの、肺胞マクロファージが機能障害を起こすことによって、引き起されると考えられています。

●先天性と後天性


先天的に、この肺胞マクロファージの機能を損なっている先天性の疾患である場合と、後天的な要因で、肺胞マクロファージの機能障害が起こる場合があります。


▼特発性と続発性
後天的な肺胞タンパク症も特発性と続発性に分けられ、特発性は原因不明ですが、続発性は免疫異常をもたらす様々な疾患が原因となります。



この肺胞サーファクタントを分解するのが、肺胞マクロファージの役割であり、その機能が傷害する原因は先天性と後天性、特発性と続発性があり、原因がはっきりしているのは続発性の肺胞タンパク症のみです。免疫系の疾患から続発する可能性があるということを考慮し、疾患の予防に努めることが予防対策となるでしょう。

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/698)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肺胞タンパク症に関する記事

肺胞タンパク症治療には肺洗浄!サーファクタント除去が治療の根本!

  最近、少し体を動かしただけで息切れがするようになった、咳や痰が出るようにな...

呼吸が苦しくなる病気「肺胞タンパク症」その原因は…まだ不明!?なぜ?

  肺胞タンパク症とはまれな病気で、肺の中にサーファクタントという物質がたまり...


息切れがきっかけで気づくことが多い肺胞たんぱく症!その原因とは何?

  ◆肺胞たんぱく症とは 肺胞腔に表面活性物質である肺サーファクタントが...

息が苦しくなる肺胞たんぱく症、その予後の症状にはどんなものがある?

  皆さんは肺胞たんぱく症という病気をご存知でしょうか? 肺胞たんぱく症...

カラダノートひろば

肺胞タンパク症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る