カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 眠れる森の美女?! クラインレビン症候群の実例

不眠・睡眠障害

眠れる森の美女?! クラインレビン症候群の実例

 

クラインレビン症候群反復性過眠症のひとつで、周期性過眠症とも呼ばれています。
また、通称『眠れる森の美女症候群』と呼ばれることもあります。
その由来は長い間眠り続けていることからです。
数週間の眠りにつく患者も少なくはありません


●クラインレビン症候群の原因


クラインレビン症候群は原因が特定されておらず、治療法も確立されていない病気です。
反復性過眠症は、月経関連過眠症に比べると患者数が少ないと言われています。
潜在的な患者数はわかりませんが、報告があるクラインレビン症候群の患者は世界で1000例です。
今から紹介する2例は女性の症例ですが、統計で見てみると女性よりも男性の方がクラインレビン症候群にかかりやすいことがわかっています。


●クラインレビン症候群で2週間眠る少女


クラインレビン症候群にかかっているイギリスの少女は2週間眠り続けます。
もともと最初の経眠期間は2週間ではなく10日間でした。
2週間の傾眠期には、彼女は1日22時間眠ります。残りの2時間は、食事とトイレのための時間です。
また、彼女は傾眠期に入る直前にイライラするという症状もあります。
2週間の傾眠期の影響で、試験を受けられない・授業についていけないという問題を彼女は抱えています。


●クラインレビン症候群で数か月眠る少女


同じくイギリスの少女の例ですが、先に紹介した少女よりも傾眠期が長いのが特徴です。
1度眠ると2か月以上も眠り続ける彼女は、やはり学業的な面での問題を抱えています
2週間眠る少女と同じように、傾眠期には20時間以上を眠りに費やしています。
ですが、彼女の場合は2週間眠る少女と違って傾眠期に入る前の行動パターン、感情に普段との違いがそれほどありません

 

(Photo by //www.ashinari.com/2009/02/28-014684.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不眠・睡眠障害に関する記事

子供に多い?夜驚症と夢遊病…自然に治るものなの?

睡眠時随伴症のうち、覚醒障害は子どもに多いです。その中でも代表的な夜驚症と夢遊...

寝過ぎると身長が伸びない、疲れがとれない?成長ホルモンとは

 休日の前日に夜更かしをして翌朝昼近くまで寝てしまった、という経験はありません...


睡眠相後退症候群になりやすい職業とは

  睡眠相後退症候群は睡眠のリズムがどんどん後退する病気です。最初は夜11...

眠いけど寝てはいけない時はどうすべき?睡眠不足の対処法

現代では子供から大人まで、本当に多くの人が睡眠不足であると言われています。睡...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る