カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 肺胞タンパク症 >
  5. 治療法自体はすでに確立している!?肺胞タンパク症を治療する肺胞洗浄療法とは?

気になる病気・症状

治療法自体はすでに確立している!?肺胞タンパク症を治療する肺胞洗浄療法とは?

 

肺胞タンパク症は、肺胞に蛋白様物質の液体が溜まる、非常に治療が難しい難病というイメージがありますが、治療法自体はすでに確立したものが存在します。
それが、肺胞洗浄療法です。
肺胞に液体が溜まり、それが呼吸を阻害しているのならば、その肺胞を綺麗に洗浄すれば良いという、きわめて単純ですが有効な治療方法です。
しかし、この治療法を実行するには、患者に全身麻酔を施すか、肺の局所麻酔を行なわなければならず、身体に負担を与える治療法となっています。

 

■肺胞洗浄療法


●全身麻酔に局所麻酔
肺胞洗浄法は2種類あり、方法によって洗浄の際に施す麻酔の方法が変わります。
肺を洗浄することは人体に大きな負担をかけますが、方法によってはある程度負担を抑える事ができるのです。


1.全肺洗浄
片肺ずつとは言え、肺を一気に洗浄していく豪快な治療法です。
当然負担も非常に大きく、患者に全身麻酔を施さなければならない治療法となります。


2.気管支肺胞洗浄
気管支鏡を差し込み、肺胞を少しずつ洗浄していく繊細な治療法です。
全肺洗浄よりも手間はかかりますが、その分患者への負担も少なく、施術を施す部分のみの局所麻酔をするので、麻酔による副作用のリスクも減ります。



この肺胞洗浄療法は、肺胞タンパク症の検査にも応用できる技術です。肺胞を洗浄した液体が、最初は透明でも洗浄後に白く白濁すること場合、肺胞に溜まった蛋白様物質が混ざり込んでいるということになるので、肺胞タンパク症と診断する決め手にもなります。

現状ではこの肺胞洗浄療法が、肺胞タンパク症を治療する最も有効な治療法と言えるでしょう。

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/2845)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肺胞タンパク症に関する記事

後天性の肺胞タンパク症!原因不明の特発性肺胞タンパク症はGM-CSF欠乏による?

  後天性の肺胞タンパク症は、原因疾患のはっきりしている続発性肺胞タンパク...

全肺洗・反射区域洗浄…肺胞タンパク症治療の選択肢

  肺胞タンパク症は症状が軽ければ治療を必要としない疾患です。 しかし、息切...


肺胞に液体が溜まる!肺胞タンパク症による肺の易感染性について

  肺胞タンパク症は、肺胞が液状の蛋白様物質に埋め尽くされるという症状の他...

呼吸が苦しくなる病気「肺胞タンパク症」その原因は…まだ不明!?なぜ?

  肺胞タンパク症とはまれな病気で、肺の中にサーファクタントという物質がたまり...

カラダノートひろば

肺胞タンパク症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る