カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠中 >
  4. 4種類の睡眠時随伴症についての基礎知識 覚醒障害、睡眠覚醒移行障害、睡眠時随伴症…

不眠・睡眠障害

4種類の睡眠時随伴症についての基礎知識 覚醒障害、睡眠覚醒移行障害、睡眠時随伴症…

睡眠時随伴症とは睡眠時に起こる体の現象です。

眠りそのものにもともとの問題がなかったとしても、睡眠時随伴症によって不眠症を併発する場合があります。

 

●4種類の睡眠時随伴症

国際分類で睡眠時随伴症は4種類に分かれています。

覚醒障害、睡眠覚醒移行障害、通常レム睡眠に伴う睡眠時随伴症、その他です。

 

●覚醒障害とは

睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠という2種類の眠りがあります。

ノンレム睡眠の時には目覚めにくく、レム睡眠の時には目覚めやすいです。覚醒障害はノンレム睡眠のときに中枢神経系が覚醒することで起こります。夜驚症などは、覚醒障害に分類されます。

 

●睡眠覚醒移行障害

寝入りばな、起きる直前に出る睡眠時随伴症が睡眠覚醒移行障害です。睡眠覚醒移行障害には寝言などがあります。

自分の寝言で起きた経験があるという方もいるかもしれません。

 

●通常レム睡眠に伴う睡眠時随伴症

覚醒障害とは違って、浅い眠りのレム睡眠と関わりのある睡眠時随伴症です。

レム睡眠のときに見やすい悪夢、体が動かなくなる金縛りも通常レム睡眠に伴う睡眠時随伴症です。

覚醒障害に比べると、通常レム睡眠に伴う睡眠時随伴症は大人にみられやすい症状です。

 

●その他の睡眠時随伴症とは

覚醒障害、睡眠覚醒移行障害、通常レム睡眠に伴う睡眠時随伴症のいずれにも当てはまらないのがその他の睡眠時随伴症です。

歯ぎしりなどそれほど日常生活に大きな影響を及ぼさない症状もあれば、突然死症候群のような命にかかわる病気もあります。

(Photo by:足成)

著者: dockさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

睡眠中に関する記事

たった1分で仕事の疲れをリフレッシュ!効果的な仮眠の取り方

  仮眠・昼寝などの習慣は以前は忌むべきもの、ちょっとしたさぼりと思われがちで...

寝ても疲れが取れない原因は!?

「寝ても疲れが取れない」という方は、意外と多くいらっしゃいます。今は睡眠障害の...


居眠り中の『ビクッ』という現象が恥ずかしい…どうやって対策したらいいの?

寝ているときのビクッと体が動く現象の正式名称は、ジャーキングと言います。 この...

睡眠時のよだれ対策には鼻呼吸が効く!

  睡眠時のよだれは、眠っているときの症状なので意識して直すことが難しい問題で...

カラダノートひろば

睡眠中の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る