カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. むくみケア >
  4. >
  5. どうして下肢に血液が溜まってしまう?その理由と血液の流れについて

美容・ダイエット

どうして下肢に血液が溜まってしまう?その理由と血液の流れについて

本来、空気より重いものは、重力によって地面へと落ちていくのが自然です。しかし、人体は立っている状態で、心臓から流れる血液は足下へと流れ、その後重力に逆らって胴体へと戻っていきます。

 

これは、血管のポンプ機能によって、重力に負けずに血液を上へと押し上げることができているのです。ですが、血行が不良となり、血液の流れが衰えれば押し上げることが十分にできず、下肢に血液が溜まることになります。

 

●血行不良で血液が行く先は下肢

血行が悪く血液の流れが滞ったとしても、血液の量自体はそう簡単に変わりません。末端にまで届かなくなった血液がどこに溜まっているかというと、そのほとんどが下肢に蓄積され、下半身のむくみとなります。

 

1.心臓から下半身に送られる血液

心臓から全身に送られる血液は、当然下半身にも送られます。

 

2.足から上半身に戻れない血液

血液の流れは体内を循環するものであり、足に流れた血液は上半身に戻されなければなりません。しかし、血行不良では上半身に十分な血液を戻すことはできません。

 

3.さらに下半身に送られる血液

血行不良で下半身から血液が戻ってこなくても、心臓はさらに下半身に血液を送り続けることになります。

 

4.足に溜まる大量の血液

血行不良によって血液は大量に足に溜まる様になってしまうのです。

 

大量に下肢に溜まった血液を押し出すために効果的なのが下肢の運動です。

下半身を動かすことで、足の筋肉が血液のポンプの役割を果たし、血行を促進し、下半身に溜まった血液を上半身に押しだし、全身の血行を改善してくれます。

(Photo by: //www.photo-ac.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

足に関する記事

血行不良から皮膚症状が進行して行くうっ血性皮膚炎

  下肢の血液循環悪化に伴って見られる皮膚炎に、うっ血性皮膚炎という疾患があり...

下半身太りを招くむくみを改善する食事

  下半身の脂肪はなかなか落ちにくく、ダイエットの成果もあらわれにくいもの...


こんな症状がある人はうっ血性皮膚炎に注意!

  うっ血性皮膚炎という疾患は、静脈や毛細血管の血流が滞ることによって、その滞...

筋肉を鍛えて「うっ血性皮膚炎」の予防

  足の血流が滞ることによって起こるのが、うっ血性皮膚炎という疾患です。これは...

カラダノートひろば

足の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る