カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 口腔内 >
  4. 口内炎 >
  5. 歯の矯正によって発生する口内炎リスク

気になる病気・症状

歯の矯正によって発生する口内炎リスク

 

極端に悪い歯並びは、単に見た目だけでなく、口内を傷つけ口内炎リスクを上昇させてしまうことになります。
極端に悪い歯並びでも歯の矯正は可能ですが、今度はその歯の矯正器具が口内炎の原因となる事も考えられるのです。
歯の矯正のためとはいえ、口の中に異物である器具を装着するため、時として口内粘膜を傷つけることは十分有り得ます。

 

●口の中を噛むリスクを緩和する歯の矯正


歯の矯正をして歯並びを綺麗にすることは、口の中を噛むリスクを低減する意味もあります。
ゆがんだ歯が口の中の粘膜を傷つけることがなくなれば、口内炎などの不快な疾患も劇的に減らすことができるでしょう。

●歯の矯正器具が口内を傷つける


しかし、歯の矯正には長い期間、専門の歯の矯正器具を歯に装着することが必要となります。
歯の矯正器具にも種類がありますが、場合によってはその矯正器具が口内を傷つけるリスクも存在するのです。


矯正器具による口内不衛生


さらに、矯正器具には放置しておけばどんどん汚れが溜まり虫歯の原因になるだけでなく、口内炎の増加を招く可能性すらあります。

●歯の矯正期間は徹底した口内管理を


歯の矯正を無事に終わらせ、健康で綺麗な歯並びの歯を手に入れるまで、口内の衛生管理は徹底して行なわなければなりません。虫歯どころか口内炎も発症しないよう通常以上の努力しましょう。



歯並びが悪いと、それだけで口内炎リスクが上昇するだけでなく、歯並びを矯正するための器具すらも口内炎を発生させるリスクとなってしまいます。
もちろん意識しては並びを悪くしたのではないでしょうが、できるだけ矯正期間が短く済むように、歯並びの矯正は早期に始めておく必要があるでしょう。

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/7611)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口内炎に関する記事

歯並びによる口内炎は早期に歯の矯正を

  口の中の歯が綺麗に並んでいるかどうかは、美容にも大きく関わる問題ですが...

口の中の血豆の発生を予防するにはどうすればいいの?

  口の中にいつの間にか血豆ができていた…そんな経験はございませんか? ...


口内炎によって起きるストレスで悪循環に!

  口内炎の原因のひとつに、ストレスによって口の中を自ら噛むという、自傷行...

胃が荒れると口内炎になりやすくなる?

  胃が荒れると、その影響は顔のむくみに現れることがあります。当然顔の一部...

カラダノートひろば

口内炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る