カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 口腔内 >
  4. 口内炎 >
  5. 口内炎によって起きるストレスで悪循環に!

気になる病気・症状

口内炎によって起きるストレスで悪循環に!

 

口内炎の原因のひとつに、ストレスによって口の中を自ら噛むという、自傷行為があります。
自傷行為による口内炎はストレスが原因で起こっていますが、この行為をすることによってさらにストレスは溜まります。口内炎の不快な症状がさらにストレスが増大し、悪循環になってしまうのです。

 


ストレス発散による自傷行為


人はストレス発散により自傷行為を行なう場合がありますが、そのうちのひとつが自分の口の中を噛む行為です。
何かを噛む行為は、人にリラックス効果を与え、ストレス発散になるとも言えます。
しかし、ストレスが大きくなれば、ただ噛むだけではなく口の中を傷つけるリスクも増えていくのです。


口内の衛生状態によって口内炎に


口内が傷つけば、必ず口内炎になるというわけではなく、口内が綺麗な状態ならば傷も自然に治癒するでしょう。
しかし、口内が不潔な状態だと、傷口から菌が入りは口内炎となってしまいます。


口内炎による不快症状がストレスに


口内炎によって痛みが出ることで、ストレスは増してしまいます。また、痛みだけではなく、口臭や味覚の変化などによってもさらに、ストレスが溜まってしまう場合もあります。結果、ストレス解消で行われていることが、ストレスを増加させてしまうという、逆効果となってしまうでしょう。


ストレスを発散するためにさらに口噛み


倍増してしまったストレスを発散するためには、さらに口の中を噛む行為を行い、どんどん悪循環になってしまうでしょう。
特に、強い痛みの源である口内炎の患部を噛むようになると、患部を悪化させ、不快症状を長引かせることになります。



口の中を噛んでも口内炎になりにくくするには、口の中を清潔に保つことです。しかしなによりも、口の中を噛む原因であるストレスを無くすことが重要でしょう。
自傷行為に至るまでのストレスはかなり深刻です。ストレスの原因を追究して、速やかに解決する必要があるでしょう。


(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/2845)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口内炎に関する記事

つら~い口内炎になる前に…予防、対策法とは

  口内炎ができると、食べ物が当たって痛かったりしみたりと、思いのほか辛い...

口の中の血豆の発生を予防するにはどうすればいいの?

  口の中にいつの間にか血豆ができていた…そんな経験はございませんか? ...


白血病の副作用としてあらわれる口内炎

  白血病の治療として、抗がん剤の投与や放射線治療などが行われます。これら...

頬がたるむと呼吸するだけで口内を傷つける場合も!?

  肥満や頬のむくみ、加齢によって生じる頬のたるみですが、この頬のたるみは...

カラダノートひろば

口内炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る