カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 口腔内 >
  4. アフタ性口内炎は疲労による免疫力低下が原因

気になる病気・症状

アフタ性口内炎は疲労による免疫力低下が原因

 

口内炎にもいくつかの種類がありますが、口の中を噛んで傷つけることを原因としない口内炎もあります。それが、アフタ性口内炎です。

アフタ性口内炎は、単純ヘルペスウィルスに感染することで起きる口内炎なのですが、このウィルスに感染すれば、口の中を噛むことは関係なく大量の口内炎が発生するようになります。

 

●アフタ性口内炎

アフタ性口内炎は口の中を噛んだり、傷つけたりしなくても、単純ヘルペスウィルスに感染することで口内に口内炎が次々に発生する疾患です。

 

▼歯肉にも発症

 歯肉など、傷がつきにくい場所にも炎症が起こります。

 

▼自然治癒

このアフタ性口内炎は明確な治療法は無く、十日あまりの期間で自然に治癒するのを待つしかありません。

その間、食事や水分補給が十分にできなくなるので、輸液などで補う場合もあります。

 

●疲労による免疫力低下が原因

単純ヘルペスウィルスに感染する原因は、疲労による免疫力低下だと言われています。

 他にも、ビタミン不足や睡眠不足なども原因として挙げられます。

アフタ性口内炎は疲労や睡眠不足、生活習慣の乱れなどが原因で、発症する口内炎だと言われています。発症を防ぐには、規則正しい健康的な生活を送ることが大切でしょう。

 

もし、口の中を噛んだ覚えがないのに口内炎が次々にできるようであれば、アフタ性口内炎を疑いましょう。

 一定期間で自然治癒する疾患ですが、原因となる免疫力低下を解消し、免疫力を上げないと、何度も再発するリスクがあります。

 

 

歯並びによる口内炎は早期に歯の矯正を

口の中の歯が綺麗に並んでいるかどうかは、美容にも大きく関わる問題ですが、実はその歯並びが原因で口内炎を続発させることにもなるのです。

 極端に悪い歯並びは、顎を動かすだけで周囲の口内の粘膜を傷つけ、その傷に細菌が感染することで口内炎となる場合があります。

このような場合は、歯並びを治さなければなかなか解決することが出来ず、口内炎が次々と発症し、口の中で様々な症状が慢性化することにもなり得ます。

 

●ゆがんだ歯並びが口内を傷つける

もちろん、誰もが自然に綺麗な歯並びへと成長するわけではありません。特に顎が退化しつつある現代人にとっては、歯並びの歪み、不正咬合などは一般的と言えるでしょう。

 正常な歯並びならば、滅多に歯によって口内を傷つけることはありません。しかし、歯並びが悪ければ、頻繁に口内を傷つけることになる場合があります。

 

●口内の傷口から細菌が感染

 口内炎はそうしてできた口内の傷に、細菌などが感染して起こる口内粘膜の炎症です。

 炎症による痛みを伴い傷自体の治りも遅くなり、そのまま放置すれば自然治癒するまでにかなりの不快感を伴うでしょう。

 

▼味覚にも影響

 口内炎ができると口臭が強くなったり、食べ物の味がまずく感じられる様になります。

食欲が減退するなど様々な弊害が伴われるのです。

 

●早期の歯の矯正

 厄介な口内炎が頻繁に発症することがないようにするには、ゆがんでいる歯の並びを矯正することが推奨されます。

できることなら、子供のうちに歯の矯正は済ませておくことがお勧めです。

 

 歯の矯正は多額の費用がかかり、更には矯正中に食事や歯磨き方法などに不自由を強いられます。

ですが、美容のためだけでなく口内炎のリスクも考えると、できるだけ早期の内に歯の矯正をしておくことが望ましいでしょう。

 口内炎が余りに多発すれば、口腔癌の原因ともなり得ることを憶えておきましょう。

 

 

お口の中を清潔に保って口内炎を予防する方法

疲労がたまっているときや生理前、口の中を噛んだ時などにできやすい口内炎。できるととても痛くなることがあり、飲食したり集中したりするのが辛くなりますね。口内炎を予防するには疲労やストレスを溜めないこと、不足しているビタミンを補うこととともに、口の中を清潔にしておくことも大切です。

 

■菌が繁殖してできる口内炎

口内炎ができる原因はまだはっきりわかっていませんが、できる仕組みのうちの一つとして、傷口からの菌の感染があります。頬の内側や舌をかんでしまうことで、口の中に傷ができます。その傷に菌が感染して繁殖し、炎症がおきることで口内炎になるというわけです。

 

■菌をやっつけるには唾液の分泌が重要!

通常であれば、傷ができても唾液によって、菌をやっつけたり洗い流したりして修復されていきます。ところが、ストレスや疲労が原因で唾液の分泌が減っていたり、菌に対する抵抗力が弱まっていると炎症が広がってしまいます。唾液の分泌を増やすには、ガムを噛んだり舌を動かしたりするといいようです。

 

■うがい薬や洗口液で菌を洗い流す

菌を取り除いて口の中を清潔に保つには、うがい薬や洗口液でぶくぶくと口をすすぐといいようです。洗口液は、ドラッグストアやコンビニなどで手軽に入手できます。持ち運べる大きさもありますので、出先に携帯して食後に使用するのもよいでしょう。口内炎になりそうだなと思った段階から、殺菌効果のあるものを使用すると効果があるようです。ただ、とても痛むぐらいの潰瘍になってしまった場合、殺菌の作用が刺激になってしまい、かえって悪化することもあります。程度によっては、殺菌作用のない、唾液の分泌を促すタイプを使用するといいようです。

 

普段の丁寧な歯磨きに加え、食後にうがいをすると予防効果があります。寝ている間は唾液の分泌が減るので、就寝前にもうがいをしておくとより効果的です。疲労や栄養不足の解消と併せて取り組んで見ましょう。

 

 

◆のど風邪かな?と思ったら~喉にできる口内炎~◆

食べ物や飲み物を飲み込むとのどが痛い?

鏡でのぞいてみると口内炎が見えるかもしれませんよ!

 

症状

喉も口の中の粘膜とつながっているので口内炎ができることがあります。

 

これも頬や歯茎の口内炎と同様に痛みを伴いますが、食べ物を食べるときには必ず通過するところなので避けることができません。ひどいときには唾液を飲み込むのも困難な状態になります。

 

喉の奥のほうにできると直接は見れないために、風邪かな?と思って内科を受診してみたら口内炎だったということもあるようです。

 

原因

原因はストレスや疲労、不衛生な口腔内環境などで一般的に言われる口内炎と同じです。

 

のどの奥などは頬や唇のように誤って噛んだりすることはありませんが、歯磨きをしている時に歯ブラシで誤って突いてしまい口内炎に発展することもあるようです。

 

治療法・予防法

ほとんどの場合は1週間から2週間ほどで治りますが、のどの口内炎は一般的な口腔内の口内炎とは違い自分で薬を塗ることができません。

 

内服薬もありますが飲み込むのもつらいと思います。

 

病院に行けば薬を塗ってくれる所もありますし、栄養点滴をしてくれるところもありますが、一旦なってしまうと自宅では栄養を摂ろうにものどが痛くてつらい状態ですので、気づいた時点で早めの受診をおすすめします。

 

 

◆それってどんな口内炎?~いろんな口内炎~◆ 

口内炎と一口に言っても様々な種類があります。

また口内炎か…と甘く見ずにきちんとケアしましょう。

 

口内炎の種類

口内炎には大きく分けて4種類あります。

 

・ アフタ性口内炎

口内炎の中で最も一般的なもので、表面が白く周囲が赤い潰瘍。

形は円形や楕円形で中央部が浅くくぼんでいるものが多い。

 

・ カタル性口内炎

自分の歯で頬やくちびるを噛んでしまったり、歯列矯正のワイヤーや入れ歯が当たることで赤く炎症になってしまうもの。

 

・ ウイルス性口内炎

ヘルペスウイルスなどが原因で、くちびるや口の中の粘膜に小さな水ぶくれができる。

症状が進むと破れて炎症を起こしたりするもの。

 

・ 口腔カンジダ症

カビの一種であるカンジダ菌の増殖が原因で、疲労やストレスで免疫力が落ちた時などに現れるもの。

口のなかに白いコケ状のものができ、放っておくと口全体に広がるが痛みはあまりない事が多い。

 

 治療法・予防法 

一般的な口内炎とされる「アフタ性口内炎」は触ると痛かったりすっぱいものがしみたりするもので、直接患部に塗る軟膏やトローチが処方されます。

 

放っておいても1週間から10日ほどで治りますが地味に痛いこともあり予防を心がけたいものです。

 

具体的には生活の見直しが必要不可欠。

「きちんと休息はとれているか?」「栄養は偏っていないか?」「生活リズムが不規則ではないか?」「そういえば一昨日飲みすぎた?」

など考えてみれば口内炎になるような原因に思い当たる節があるはずです。

 

睡眠はしっかりと取り、ビタミンを多く含んだ緑黄色野菜を積極的に食べて免疫力を上げる努力を。

小松菜のチャーハンなどは簡単に作れておすすめです。

 

何もビタミンの多いものだけを食べ続けろということではありません。

日々の食生活の中でバランスよく取り入れていけばいいのです。

(Photo by: http://www.photo-ac.com/main/detail/5510?title=%E7%B7%91%E3%81%AE%E6%9C%A8%E3%80%853)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口腔内に関する記事

なんだか風邪をひきやすい…もしかして口呼吸していませんか?口呼吸はなぜ良くない?口呼吸の恐ろしい症状!!

何だか風邪をひきやすい、冬はもちろん、乾燥していない時期でものどイガイガしが...


唇の周りに水疱が!もしかして、口唇ヘルペス!?精神的な症状「幻臭」とは。生理中の口臭は女性ホルモンの影響?!

  なんだか唇がかゆい、ピリピリする…。 もしかしたら、それって口唇ヘル...

親知らずを抜いたら知覚過敏になった?!虫歯以外の可能性はあるの?知覚過敏と虫歯の違いとは

よく親知らずの歯を抜いたら、奥歯がしみるようになってしまったという相...

カラダノートひろば

口腔内の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る