カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 口腔内 >
  4. 口内炎 >
  5. 胃もたれと口内炎の関係性とは?

気になる病気・症状

胃もたれと口内炎の関係性とは?

胃もたれと口内炎の関係ですが、昔から胃もたれになれば口内炎になりやすいと言われています。

 

実際には、食べすぎによる胃もたれが、口内炎に引き起すということは考え難いのですが、そう語り継がれるほどに、胃もたれと口内炎は並行して発症することが多いのも事実です。

 

その関係性について、いくつかの考えをまとめてみました。

 

●胃もたれになると口内炎になるという通説

胃もたれになると口内炎も合併するというのは、一般にも知られる通説です。

 

胃の中で起こる胃もたれと、口内の細菌感染による炎症が深い関係にあるとは考えがたいですが、そう言われるようになった根拠をいくつか挙げることができます。

 

1.噛む動作がいい加減な時

胃もたれになる原因として、大量の食べ物を十分に噛むことなく食べたと言う場合もあります。その場合は噛む動作がいい加減になってしまい、口内を誤って噛む可能性も高くなります。

 

2.胃もたれの原因がストレスの場合

胃もたれの原因がストレスによる胃の機能低下である場合、同じくストレスを原因とする口内炎と共通となり、同時に発症することが考えられます。

 

また、ストレスによる過食も考えられるでしょう。

 

3.胃腸が弱っていることによるビタミン不足

胃腸が弱っている事が原因の胃もたれである場合は、充分な量を食べてもビタミンなどの栄養が胃腸から吸収できず、ビタミン不足によって口内炎を発症することも考えられます。

 

4.胃酸が逆流することで口内炎が悪化

胃もたれとは限りませんが、胃酸が口内まで逆流することで、胃酸が口内炎を悪化させる可能性も有り得ます。

 

このように胃もたれとなる原因のいくつかは、結果的に口内炎の引き金になりやすい要因があります。

 

直接的な関係性とは言えませんが、過度な食事量により口の中を噛むリスク上昇、ストレスが原因となる共通性、そしてビタミン不足など、胃もたれになるような状態が、口内炎になりやすい状態であるということは、たしかと言えるでしょう。 

(Photo by: //www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口内炎に関する記事

口の中を噛んでしまうのはストレスのせい?どうしてストレスが原因になるの?

    美味しく食事をしていても、一度ガリッと口の中を噛んでしまえば、美味し...

歯並びによる口内炎は早期に歯の矯正を

  口の中の歯が綺麗に並んでいるかどうかは、美容にも大きく関わる問題ですが...


◆のど風邪かな?と思ったら~喉にできる口内炎~◆

食べ物や飲み物を飲み込むとのどが痛い? 鏡でのぞいてみると口内炎が見えるか...

白血病や天疱瘡…口内炎をともなう病気

  口の中に白っぽいものが見え、食べ物を口にすると痛んだりしみたり、、、「...

カラダノートひろば

口内炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る