カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 汗疱 >
  5. 誤診されやすい?汗疱とよく似た病気~疥癬、掌蹠膿疱症、接触性湿疹…様々ある!

気になる病気・症状

誤診されやすい?汗疱とよく似た病気~疥癬、掌蹠膿疱症、接触性湿疹…様々ある!

 

手のひらや足の裏に小さな水疱が生じたら、汗疱(異汗性湿疹)の可能性があります。汗疱と、誤診されやすい病気について紹介いたします。

 

汗疱(異汗性湿疹)とは

汗疱(異汗性湿疹)とは、手のひらや足の裏に小さな水疱が生じる湿疹性の皮膚疾患です。この水疱は手のひらや足の裏に左右対称に生じ、できはじめの初期段階では強いかゆみを伴います。

 

また、放置していると乾燥してガサガサになり、皮膚がめくれます。

足の裏にできることから、水虫と間違われやすいですが、水虫以外にも混同されやすい病気がいくつがあります。こちらではそんな病気の数々をまとめてみました。

 

汗疱と誤診されやすい病気の数々

・疥癬(かいせん)

激しい痒みに襲われ耐え切れずに皮膚科を受診すると、疥癬の場合が多いです。これは疥癬虫(ヒゼンダニ)と呼ばれる人間の皮膚でしか生きられないダニが、角質層に住み着くことによって引き起こされます。

 

・掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

これもよく似た病気の1つとして挙げられます。手のひらや足の裏に水疱が現れ、次第に膿を持ちます。さらに、皮膚が厚くなったり赤くなったり、最終的には角質ごと剥がれ落ちます。また、水虫とも間違えやすいので、自己判断で市販薬の水虫薬を使用しないようにしましょう。

 

・接触性湿疹

接触性皮膚炎とも呼ばれるこの接触性湿疹は、いわゆるかぶれのことです。何かに触れた際にその部分が赤くなったり赤くなったりするものです。

 

・多形滲出性紅斑(たけいしんしゅつせいこうはん)

手のひらや足の裏などをはじめとし、背中や足の甲、そして肘などに和のような盛り上がった赤い斑点ができるものです。これも間違われやすい症状として挙げられます。

 

・環状紅斑(かんじょうこうはん)

丸い形の湿疹や発疹が出るものです。皮膚の疾患の総称になります。原因は様々、数多くのものがあります。

 

以上が汗疱とよく間違われやすい病気の数々です。数々と言ってもごく一部です。それらも含め、全ての疾患に共通して言えることですが、決して自己診断による市販薬での治療は行わないで下さい。症状は治らないどころか、悪化する恐れがあります。皮膚に異常を感じたらすぐに皮膚科を受診してくださいね。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●かゆみを伴う赤いブツブツ…症状別にみた湿疹の種類と対策

 

(Photo by://www.irasutoya.com/

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

汗疱に関する記事

「あせも」と間違えやすい病気…もしかして汗疱?汗疹性湿疹?

  あせもだと思い、自己診断で治療を続けていたのにも関わらず、なかなか症状...

汗疱かもしれない?手足のかゆみにご注意!

なんだか手の平や指がかゆい。なにかで突いたような跡がある。足の裏や手の平に...


汗疱(異汗性湿疹)の治療法!「ビオチン治療」ってどんなもの?

汗疱(異汗性湿疹)とは、手のひらや足の裏に痒みを伴う小さな水疱が生じる湿疹性の...

自己判断での市販薬の使用は無駄?汗疱の治療薬って何?

  ◆汗疱の治療は市販薬で大丈夫なの? 手のひらや足の裏に小さな水疱が生...

カラダノートひろば

汗疱の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る