カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 口腔内 >
  4. 口内炎 >
  5. 胃が荒れると口内炎になりやすくなる?

気になる病気・症状

胃が荒れると口内炎になりやすくなる?

 

胃が荒れると、その影響は顔のむくみに現れることがあります。当然顔の一部である頬もむくむので、この頬のむくみが歯で口内粘膜を噛んでしまうリスクを高めるのです。
通常の頬ならば、幾ら口内で噛む動作をしても空間的余裕があり、口の中を噛んでしまう危険性は少ないのですが、頬がむくみ膨脹すれば内側にも影響が出て、その空間的余裕を無くしてしまうのです。

 

 

胃腸が荒れると口内がむくむ
胃腸が荒れると、むくみが生じることがあります。そのせいで顔がむくみ、口内までもがむくむと、その分、歯が口の中を噛みやすく、傷つけやすくなり、口内炎が増える原因となり得ます。


胃腸が荒れる原因がストレスの場合
ストレスによって胃腸が荒れているのであれば、そのストレスは口内炎の原因ともなり、さらに口内炎ができやすくなるでしょう。


胃腸が荒れることでビタミン不足に
口内炎を予防するために必須となるビタミン群ですが、胃腸が荒れると言うことは食物から充分な栄養を吸収できないと言うことでもあり、さらに腸内環境も荒れていれば、腸内細菌がビタミンを作り出すことができません
口の中が傷ついて、細菌感染による炎症が引き起された場合、ビタミン不足で口内炎を悪化させることになるでしょう。

口内炎を予防するにはまず胃腸を整える
口内炎を予防するためにはまずストレスを軽減し、胃腸を整え、それから充分なビタミンを摂取するようにすると良いでしょう。



頬がむくむほど胃腸が荒れていれば、単に口の中を噛みやすいだけでなく、様々な口内炎リスクを上昇させている状態と言えます。
口内炎になりやすいと感じたならば、まず胃腸の状態を確認し、真っ先に胃腸を整える必要があるかもしれません。


(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/2773)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口内炎に関する記事

歯の矯正によって発生する口内炎リスク

  極端に悪い歯並びは、単に見た目だけでなく、口内を傷つけ口内炎リスクを上...

アフタ性口内炎は疲労による免疫力低下が原因

  口内炎にもいくつかの種類がありますが、口の中を噛んで傷つけることを原因...


口の中に意外にできる血豆。どうしてできる?原因と対処法をご紹介

口の中に血豆ができるのは誰でも経験したことがあるかもしれません。原因がはっき...

口の中を噛んでできた血豆…どう治すべき?

  いつの間にか口の中や舌に血豆ができていた、なんて経験はありませんか?   ...

カラダノートひろば

口内炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る