カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 食べ物・飲み物 >
  5. 胃腸も休める睡眠をとりたい!寝る前には胃腸に食べ物を入れないで

不眠・睡眠障害

胃腸も休める睡眠をとりたい!寝る前には胃腸に食べ物を入れないで

 寝付きをよくするポイントとして意外と忘れられがちなのが寝る前の食事です。

寝る前の食事の問題点は肥満の原因ばかりが挙げられていますが、実は寝付きも格段に悪くする要因となります。

寝る前に胃腸に食べ物を入れていれば、寝ている間にも胃腸は休むことなく消化活動を行ない続けるのです。

しかも、起きている時ほどの活発なではないため長々と消化活動は長引き、次の日の朝まで胃腸が働き続けることも有り得ます。

 

寝る前の食事は控えめに

●寝付きを悪くする消化活動

寝る前に食事をすると、身体は寝ていても胃腸は消化活動を継続する状態になるため、非常に寝付きが悪くなる要因となります。

さらには、消化活動も起床時ほど効率よく働いているとは言いがたく、消化不良で次の朝まで胃腸が重く感じるようになるはずです。

 

●寝る前の食事時間

就寝予定時間の遅くても三時間前には食事を終わらせておきましょう。

もちろん、消化活動を寝ている間に持ち込まないように、腹八分目程度に抑えることも重要です。

 

▼胃腸も休める睡眠を

睡眠時間は身体だけで無く胃腸も休める貴重な休息だと憶えておきましょう。

寝ていても胃腸が働き続けていると言うことは、起床時とあわせて一日中、胃腸が休むことなく動き続けているということでもあり、胃腸の負担の蓄積は計り知れません。

 

▼胃腸のために夜は軽めに

胃腸のためを考えるなら夕食などは軽めに済ませることが推奨されます。胃腸に負担をかけないお粥などですませれば、睡眠時間に十分に胃腸を休めることができるでしょう。

当然、胃腸の活動もないため寝付きもよりよいものとなるはずです。

 

夜食などの習慣がある人には酷かもしれませんが、寝付きを最高に良くするためにはお腹の中を空っぽにしておくぐらいがちょうど良いと言えるでしょう。

ただし、水分だけは十分にとっておきましょう。

 

(Photo by: http://www.photo-ac.com/main/detail/6983?title=%E5%A6%8A%E5%A9%A6%E3%81%95%E3%82%933)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食べ物・飲み物に関する記事

「玉ねぎを枕元におくと眠れる」ってホント?西洋の民間療法は本当に効くの?

『不眠のときは玉ねぎを枕元に』と子供のころ聞いたことはありませんか? あれは本...

副交感神経のバランスを整える!睡眠を促す緑茶成分「テアニン」

お茶には、カフェインが含まれていることがよく知られていますが、実は睡眠を促す成分...


空腹で眠れない時は…いっそ食べちゃおう!安眠に効果アリ!な食べ物

眠る前にものを食べると消化器が働くことによって眠れなくなります。ですが、お腹...

カフェインは実は眠りを誘う?

  コーヒーに含まれるカフェインを摂取すると、すっきりして眠気がとれるとい...

カラダノートひろば

食べ物・飲み物の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る