カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. ストレッチ >
  5. 眠れないときにこそ起きてストレッチを

不眠・睡眠障害

眠れないときにこそ起きてストレッチを

 

布団に入ってもなかなか眠れないという経験は、ほとんどの人があるのではないでしょうか。そのようなとき、無理に寝ようとしてもあまり効果がありません。
むしろ、布団から出てストレッチなどを行ない、睡眠を妨害する要素を排除することの方が効果的でしょう。

 

 

●眠れないときこそストレッチ


布団に入っても眠れないときは、布団の中に居続けることにこだわりすぎずに、一度布団から出て、軽いストレッチなどをやってみると良いでしょう。
横になっても眠れないのは、身体が睡眠に入る準備ができていないと言うことであり、軽いストレッチを行なうことで、睡眠に必要な準備を進めることに繋がります。


▼ただ横になるだけでは血行悪化
眠りもせずただ横になっている状態では、どんどん血行が悪くなります。
気持ちよく睡眠状態に入るためにも、良好な血行が保たれている必要があり、血行悪化はさらに眠れなくする要因となるでしょう。



●ストレッチで軽い疲労とリラックス


布団から出てストレッチをすることで、軽い疲労とリラックス効果を得ることができます。
布団に入っても眠れないということは、身体や精神が緊張状態なっていると言うことであり、リラックス効果でその緊張をほぐし、軽い疲労でより睡眠状態に入りやすくなります。
布団に入って長い間眠れないと、眠ろうと頑張る力が働いて、ストレスになり余計眠れなくなりますストレッチをすれば気分転換にもなるでしょう



一度気分をリセットし、リラックス効果のある気分転換を行なうことが重要なのです。
眠れないときは、是非ストレッチを取り入れてみることをお勧めします。

 

(Photo by://www.photo-ac.com/main/detail/1611)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ストレッチに関する記事

日中の運動は寝付きを良くする?!寝る前のストレッチを入眠儀式にしよう

                「寝付きを良くする・良質な睡眠には寝る前のス...

寝る直前のストレッチで快適な目覚めを

    寝付きをよくし、快適な目覚めを得るために有効なのが寝る直前のスト...


快適な睡眠をするために…寝る前に身体を温め、寝る準備を整えよう

寝る前に身体を温めることは、体内の状態を寝る準備に整えるために重要なことです。...

快眠のための運動はいつしたらいいの?運動だけでなく、就寝前のストレッチでも快眠に♪

  快眠のためには運動が欠かせません。1日中動かなければ体が疲れないので、...

カラダノートひろば

ストレッチの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る