カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 全身 >
  4. 慢性疼痛 >
  5. 痛みが取れない…骨折などがきっかけとなって生じる慢性痛とは?その予防法は?

気になる病気・症状

痛みが取れない…骨折などがきっかけとなって生じる慢性痛とは?その予防法は?

 

◆はじめに~慢性痛って何?またその特徴とは~

まず、痛み」つまり疼痛は、突然の病気や怪我などが原因となって生じ短期間で収まる「急性疼痛」と、痛みの原因を取り除いたのにもかかわらず長期間にわたって痛みが続く「慢性疼痛」との2つに大きく分けられます。つまり、慢性疼痛(慢性痛)とは急性疼痛が原因となって生じることが多いということなんですね。

 

また慢性痛には以下の様ないくつかの特徴が存在します。

・痛みの強さと病気の程度や進行度は比例しない。

・自律神経失調状態に陥るため、食欲不振や活力低下、そして睡眠障害や慢性疲労などの症状も伴う。

・痛みによって気分は沈みますから、自律神経失調状況が悪循環しうつ状態も悪化させてしまう。

 

このように、慢性痛とは痛みばかりが主な症状なのではなく、その痛みによって様々な病気を生じさせる大変恐ろしい疾患ということがお分かりいただけたかと思います。

では、このような慢性痛(慢性疼痛)はどのように予防すればいいのでしょうか?

 

 

◆慢性痛(慢性疼痛)の予防法

先程も言いましたように、慢性痛は急性疼痛が原因となって生じる場合が多いです。

ですから、慢性痛の予防法において最も大切なのは、急性疼痛の間に徹底的に疼痛治療を行い、慢性痛に変化するのを食い止めることになります。

 

痛みを伴う病気の発症初期、そして骨折や捻挫、打撲などの外傷初期に、神経ブロック、関節注射、内服薬・外用薬などの疼痛治療を早期段階で実施することが最近重要視されています。また、早期からのリハビリも大切になってきます。

 

 

もし、不幸にも慢性痛が発症してしまった場合、その治療は大変困難を極めることになるでしょう。ですから、そうならないためにも、慢性痛の予防にしっかりと取り組んで下さい。

つまり、急性疼痛つまり怪我や病気などをした時には放置せず、すぐに病院を受診するようにしましょうね。

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2012/12/blog-post_3418.html])

 

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

慢性疼痛に関する記事

慢性的な腰痛「椎間板性腰痛」の治療法

  慢性的な腰痛「椎間板性腰痛」の治療法   2005年に大阪大学の付...

慢性疼痛(慢性痛)の緩和に期待される脊髄刺激療法について

    慢性疼痛の緩和に期待される脊髄刺激療法   慢性疼痛という病気をご存知...


慢性痛(慢性疼痛)に効果的な脊髄刺激療法の手術法とは?

  我慢できないような強く激しい痛みが続く慢性痛(慢性疼痛)の治療法として...

慢性痛(慢性疼痛)におけるペイン治療には3つのレベルが!レベル1の疼痛治療とは?

 まずはじめに、こちらでは慢性痛の初期症状の治療法についてご紹介します。 ...

カラダノートひろば

慢性疼痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る