カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 2~3歳 >
  5. 動作・行動 >
  6. 「遊び食べ」は禁止したほうがよい?

育児・子供の病気

「遊び食べ」は禁止したほうがよい?

 

離乳食を卒業した1~2歳のある一時期、

子どもには、遊び食べの時期があります。

おかずを手でつかんで別の皿に入れてみたり、

うどんの汁に手を入れて麺を引っ張ったりします。

見ている大人はイライラしっぱなし。

皿を取り上げたり、手の届かないところに置いたりしますが、

こうなったらもう大変。

子どもはかんしゃくを起こして、ほかの食器を投げたりして、

食卓はもうぐちゃぐちゃに……。



●遊び食べを叱らない

一度でも育児の経験があるおかあさんならわかるのですが、

この遊び食べは、2歳になる頃、自然にしなくなります。

治るというより、そういう時期だと構えて、

叱らずに、気長に見守ってあげることが大切です。

この時期に大人がしっかりと受け止めてあげてください。



●大人のしないことだから、親は理解できない

「遊び食べをする時期にしっかり教えないと後が大変になるのでは」

とはじめて子育てするおかあさんは悩みがちです。

また、育児に一生懸命なまじめなおかあさんほど、

「しつけにならないのではないか」とも考えるようです。

しかし、この時期の子どもは、食事をすることも、トイレにいくことも、

かたづけることも、散らかすことも、すべてが遊びです。

それを大人は、昔自分がしていたことも忘れて(当然ですが)、

いま自分がしないことだから、理解できないだけです。

こんなときこそ、子どもの目の高さにまで腰を低くして、

余裕をもって物事を見るように心がけてほしいものです。



遊び食べは家庭だからできること、

おおらかに受け止めてあげてください。


 

(Photo by //www.ashinari.com/2008/08/17-006601.php)

著者: 宮子さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

動作・行動に関する記事

ゆっくり見守ろう!はいはい~ひとり歩きまでのステップ

赤ちゃんの成長はそれぞれですが、おおよそ1歳までにはほとんどの赤ちゃんが「は...

子供の調整力を磨く良い機会?友達とのおもちゃの取り合い

2歳を過ぎる頃になれば、子供同士のおもちゃの取り合いなどにはじまる喧嘩が親とし...

動作・行動の体験談

満2歳!とりあえず娘が「イヤ」と言わない日は無い件

2歳は第一次反抗期と言いますが、娘は1歳10カ月ごろから、自己主張がものすごくなってきました。 嬉...

「はやねはやおき4回食」をもとに子育て

我が家は、婦人之友社から出ている「はやねはやおき4回食」をもとに、育ててきました。 起床6:3...

カラダノートひろば

動作・行動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る