カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 糖代謝 >
  5. 空腹時血糖 >
  6. 空腹の際の手足の震えに要注意!

健康診断・健康管理

空腹の際の手足の震えに要注意!

 

空腹時に、手足が震えたり、動悸がする人はいらっしゃらないでしょうか。正常な人は空腹になっただけでは、このような症状は現れません。しかし、ある理由により、空腹が手足の震え、動悸の原因となっているのです。その理由について、ここでしっかりおさえておきましょう。

 

 

震えや動悸の理由は低血糖

 

低血糖とは血液中の糖質の量が低い状態をいい、低血糖の場合に手足が震えたり、動悸がしたりするのです。血液中の糖質といいましたが、具体的にはブドウ糖を指し、その値は血糖値という名称で、血液検査などでも確認することができます。正常な大人の血糖値は、人によって差があるものの、おおよそ55mgから165mg/dlといわれています。この血糖値は、甲状腺ホルモンや糖質コルチコイドなどによって、1日中正常な値になるよう、コントロールされているのが通常ですが、上記の値よりも血糖値が下がってしまうことを低血糖といいます。

 

ブドウ糖は人間が生命活動を維持する上で、決して欠くことのできない重要なエネルギー源のひとつです。これが不足してしまうと、震えや動悸にとどまらず、脳の働きに障害が生じる場合もあり、深刻な場合は昏睡状態に陥ってしまいます。

 

もちろん、血糖値が高い状態は逆に問題で、いわゆる糖尿病という病気を引き起こし、網膜症、神経障害、腎症といった合併症を引き起こしますが、低すぎても問題であるということをきちんと理解しておきましょう。

 

最後に

 

このように、空腹の際の手足の震えや動悸は、低血糖の可能性が強く疑われます。そのような場合には、過信せず病院にいって医者に診断してもらうほうが良いでしょう。低血糖は深刻な場合は昏睡状態に陥る可能性がありますので、十分に気を付けましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/10/04-382918.php?category=18

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

空腹時血糖に関する記事

空腹時血糖値を下げるために食事を見直そう!

  空腹時血糖値は起床時や空腹時の血糖値を指し、食後血糖値やHbA1cなど...

糖尿病じゃないのに空腹になると震えが!低血糖症について

  空腹になると手足が震えたり、めまいがしたりする人がいます。糖尿病の低血...


低血糖に要注意!空腹のときの手足の震え

    空腹のときに手足が震えてしまう。それは、低血糖が原因かもしれませ...

空腹時血糖値を下げるためには、前日の食事から!

  血液中のブドウ糖の濃度を示す血糖値ですが、健康診断で測定されるものには...

カラダノートひろば

空腹時血糖の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る