カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 腸内環境の乱れ >
  5. 免疫細胞の約7割が小腸に!腸は体の免疫の要!腸管免疫のメカニズムについて

気になる病気・症状

免疫細胞の約7割が小腸に!腸は体の免疫の要!腸管免疫のメカニズムについて

 

 

腸は体の免疫の要とも呼ばれる臓器で、その理由は免疫細胞の約7割が小腸に集まっているからです。そのため、腸の免疫(腸管免疫)のシステムに何らかの不調が発生してしまうと、自己免疫疾患、食物アレルギー、炎症性の腸疾患などの原因になることが、明らかになっています。では、腸管免疫のメカニズムはどのようになっているのか、このような病気との関係について、ここできちんと確認しましょう。

 

 

腸管免疫のメカニズム

 

腸管免疫のメカニズムについては、近年T細胞と呼ばれる細胞の腸管内でのはたらきが、カギを握っているということがわかってきました。リンパ球の一種であるT細胞は、ヘルパーT細胞・キラーT細胞などにわかれ、その中でもヘルパーT細胞がもつ働きが、腸内にある細菌のバランスを調節する上で、大きな役割を果たしているということが判明したのです。

 

ヘルパーT細胞とPD-1が活躍

 

具体的には、ヘルパーT細胞は、免疫グロブリンと呼ばれる抗体を作り出してくれるB細胞を活性化してくれます。この免疫グロブリンPD-1が大変重要なのです。

 

マウスを使った実験においては、PD-1をなくした場合、善玉菌の代表格であるビフィズス菌が検出できなくなるぐらいまで減少し、他方で、悪玉菌である大腸菌が野生のマウスの400倍まで増加したことがわかりました。しかも、そのマウスの全身の免疫にも悪影響があることがわかったのです。これは、PD-1の現象により、腸管粘膜で働くIgA抗体の質が悪くなり、腸内細菌のバランスが悪化したと考えられています。

 

最後に

 

以上のメカニズムからもわかるように、腸内環境をしっかり維持することは、体全体の免疫力の増加にもつながりますので、ここでしっかり理解しておくことが大変重要です。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/09/04-369393.php?category=17

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腸内環境の乱れに関する記事

気になる体の不調~続くなら腸内環境の検査を!

腸内細菌のうち悪玉菌が優勢になると、心身にさまざまな影響が及びます。不調が続く...

食事以外にもある!腸内環境を改善するために気をつけたいこと

  腸内環境改善のための要素と言えば食事が中心となります。食物は胃と腸を通って...


健康管理に腸内環境改善が言われるのはなぜ?小腸の重要な働きを理解しよう!

健康管理のために、腸内改善をすることが大変重要だとしっかり理解している人はど...

気になる腸内環境!いいお通じを左右する主な腸内細菌5つ

  腸内環境を調べる検査では、腸内に住む細菌のバランスをチェックできます。腸内...

カラダノートひろば

腸内環境の乱れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る