カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 3歳以上 >
  5. 動作・行動 >
  6. 子どもが「困難にぶつかったとき」、どうしたらいい?

育児・子供の病気

子どもが「困難にぶつかったとき」、どうしたらいい?

鉄棒の逆上がりがどうしてもできない、水泳で水に顔がつけられない、跳び箱がニガテ……

こんな壁に子どもが出くわしたら、親としてどう対処しますか?

 

「無理をさせない」「嫌がっている」「かわいそう」では子どもは育たない

幼稚園や保育園、あるいは小学校などの集団生活では、みんなができるのにできないと、子どもがそこでつまずいてしまい、登園・登校したがらない、みんなと遊びたがらないということも出てきます。

 

親は子どもがいじめられるのではないか、ひきこもりになるのではないかと気が気ではありません。


また、最近では、モンスターペアレントと呼ばれる親たちに代表されるように、「無理をさせないでほしい」「嫌がっている」「かわいそう」と申し立て、子どもをかばう大人もあらわれています。

 

親の支えで子どもは頑張る

壁に突き当たったとき、そのたびに親が助け船を出し、困難を避けるようにしたとしたらどうでしょうか。

 

一度味をしめた子どもは何かあるたびに、親に泣きつくか、避けるかして生きて行くことになります。

子どもの意欲や自主性を信じて、挑戦させる勇気をもつのも親の愛です。


子どもが壁にぶつかったときには、どのように言葉をかければよいでしょうか。

 

「おかあさんも同じだったよ。みんな同じように乗り越えていくのだから、もう少し頑張ってみたら?」

と支えてあげてはどうでしょう。

 

あるいは「おかあさんも同じだったよ。

でも、できなくてとてもつまらなかったから、○○ちゃんには頑張ってほしいな」と励ましてみるのもいいかもしれません。

 

子どもの活躍できる“場”を作る

できなかったことができるようになったことで自信をつけ、それが得意分野になっていくことが子どもにはよくあります。

 

家庭でも学校でも同じですが、集団のなかでその子の活躍できるステージ、

“場”を作ってあげることも大切です。

 

その子どもの光る場面を見つける、いいところを見つけて認めてあげることで、その子にしかないよさを伸ばしてあげてください。

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: 光成さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

動作・行動に関する記事

絵でわかる、子供のキモチ。 ~日常編~

「子供の絵はおしゃべりだ」と言われます。言葉による表現が未発達な子供は、自分の...

運動能力だけではなく内面も成長中です!4歳児の子供の特徴

4歳児になるとより行動範囲が広がり、運動能力の向上が見られますが、それと同時...

動作・行動の体験談

イヤイヤ大魔王との戦い。

我が家の息子のイヤイヤ期は、2歳半からはじまり、イヤイヤ怪獣になったのがそのころです。 3歳直前か...

人見知りする?しない?

現在、幼稚園年少と2歳児の2人の娘っ子の育児奮闘中です! 長女と次女では、性格って全然違うものなん...

カラダノートひろば

動作・行動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る