カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 原因 >
  4. アルコールと頭痛の関係性とは?

頭痛

アルコールと頭痛の関係性とは?

 

 

お酒を飲むと頭痛が発生する、という経験はないでしょうか。ドラマや漫画でもよく、二日酔いの主人公はだるそうにしているだけでなく、頭を抱えて頭痛がしている場面が出てくると思いますが、お酒・アルコールと頭痛にはどのような関係があるのでしょうか。お酒を原因とする頭痛の原因を、しっかり理解しておくことが大変重要です。

 

 

飲酒に伴う頭痛

 

飲酒に伴う頭痛には、二つのパターンがあることをまず覚えておきましょう。まず一つのタイプは、大量に飲まなくとも、お酒を飲むという行為自体によって、しばらくして頭痛が生じてしまうというタイプです。また、もう一つのタイプは自分自身が許容できる量を超えて大量に飲酒した場合に、二日酔いとして頭痛がしてしまうというタイプです。ここでは、最初のタイプについて詳しく見ていきましょう。

 

お酒を飲むという行為自体で発生する頭痛

 

お酒を飲むということで頭痛が発生している場合、体の中では、できるだけ早くアルコールを体外に排出しようとするメカニズムが生まれます。特に、お酒が体質に合わない方、体調が悪い中でお酒を飲んだ方は、このような頭痛になりやすくなります。

 

いずれにせよアルコールは体内で分解して、体外に排出することが大変重要なのですが、排出する際に血管を拡張させるので、血管が神経を圧迫した結果として頭痛が発生します。

 

対処法

 

こうしたタイプの頭痛については、対処法として、できるだけたくさん水を飲むこと、そして、飲むお酒の量を少し抑えるといったことが必要でしょう。そして、できるだけ早めに休息することが、何よりも重要であるといえます。アルコールは一種の毒物ですから、いかにうまく体外に排出することが大変重要です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/11/02-383548.php?category=14

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

二日酔いに伴う頭痛のメカニズムや対処法

  お酒をたくさん飲みすぎて二日酔いになる…そんな経験をしたことがある人は、た...

うつ病でも多くみられる症状…精神的ストレスが「頭痛」を招く?!

いつからか頭痛がするようになり現在では慢性化している、薬を飲んでもよくならな...


光が頭痛の原因とする説・しない説

  慢性頭痛は主に片頭痛、緊張性頭痛が大半を占めています。医学的には群発頭痛も...

頭痛なのに頭痛を感じない!?あなたのその症状は隠れ偏頭痛の症状かも…

頭が痛いのに「頭部」が痛くないことがあります。頭痛なのに頭が痛くないというの...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る