カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 全身 >
  4. 慢性疼痛 >
  5. 慢性痛(慢性疼痛)に効果的な脊髄刺激療法の手術法とは?

気になる病気・症状

慢性痛(慢性疼痛)に効果的な脊髄刺激療法の手術法とは?

 

我慢できないような強く激しい痛みが続く慢性痛(慢性疼痛)の治療法として、現在では脊髄刺激療法が注目されています。

こちらでは、その脊髄刺激療法について、はじめに「脊髄刺激療法とは何か」について、次に「脊髄刺激装置を埋め込む手術等」について簡単にまとめました。是非参考になさってくださいね。

 

 

◆脊髄刺激療法とは

脊髄刺激療法とは、小さな装置を体内に埋め込み、その装置から発せられる微小な電気パルスで脊髄を刺激する治療法になります。薬物療法や神経ブロックなどの通常の治療法では、症状がなかなか改善されなかったりと効果が見られないような難治例の場合でも、痛みが軽くなることが多いです。

 

国内でこの治療を受けている患者数は累計3千人にとどまりますが、海外では毎年約2万人の人達に埋め込まれているそうです。

 

 

◆脊髄刺激装置を埋め込む手術法とその流れ

脊髄刺激療法に使用される装置を体内に埋め込む際には、およそ3日間の入院が必要とされています。しかし、脊髄刺激装置の埋め込み自体は、局所麻酔で約2~3時間程度で済む簡単な手術です。

 

まずは、硬膜外ブロック注射と同じ要領で背中側から針を指します。刺激を与える電極を針の中に通して硬膜の外側に挿入。その後実際に刺激を与え、X線で確認しながら最大限の効果が得られる位置を探し出します。十分な効果が得られる箇所が見つかれば、心臓ペースメーカーによく似た刺激装置(直径5センチ、厚さ約1センチ)を腹部や胸部に埋め込み、刺激電極と接続します。電極や刺激装置は体内にあるので引っかかって抜けることもなく、入浴でもできます。

 

 

刺激装置組み込まれたバッテリーの寿命は約10年と言われています。切れたら本体ごと交換する必要が出てきますが、簡単な手術で30分程度で済むそうです。

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2012/11/blog-post_6904.html])

 

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

慢性疼痛に関する記事

慢性痛(慢性疼痛)のメカニズム~痛みが慢性化する前に適切な治療を!

  「痛み」、つまり疼痛は、怪我や突然の病気などによって引き起こされる「急...

痛みを治療する「ペインクリニック治療」慢性痛に対しての治療の流れってどんなもの?

  まずはじめに、ペインクリニックとは何かご存知でしょうか?人間にとって最...


痛みに耐えられない…慢性痛におけるペイン治療「神経ブロック」って?(後編)

  「慢性痛におけるペイン治療「神経ブロック」って?(前編)」で、ペインクリニ...

慢性疼痛(慢性痛)の緩和に期待される脊髄刺激療法について

    慢性疼痛の緩和に期待される脊髄刺激療法   慢性疼痛という病気をご存知...

カラダノートひろば

慢性疼痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る