カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 全身 >
  4. 慢性疼痛 >
  5. 慢性痛(慢性疼痛)に効果的な脊髄刺激療法の調節方法 好みの刺激に調節しよう

気になる病気・症状

慢性痛(慢性疼痛)に効果的な脊髄刺激療法の調節方法 好みの刺激に調節しよう

 

我慢できないような激しく強い痛みが続く慢性痛(慢性疼痛)の治療法として、現在では脊髄刺激療法が注目されています。

こちらでは、その脊髄刺激療法とその刺激の調節の仕方について簡単にまとめました。是非参考になさって下さいね。

 

◆脊髄刺激療法とは

脊髄刺激療法とは小さな刺激装置を体内に埋め込み、微小な電気パルスで脊髄を刺激することで痛みを緩和させる治療法になります。

薬物療法や神経ブロックなど、通常の治療では症状が改善されないなど効果が現れないといった難治例でも痛みが軽減されることが多いです。

 

国内でこの治療を受けている患者さんは累計約3千万人にとどまっていますが、海外では毎年2万人に埋め込まれているといわれています。

 

 

◆好みの刺激に調節

痛みの感じ方は人によって大きく異なります。

このため、脊髄刺激療法では体内の刺激装置を外からリモコンによって操作し、患者自身が好きな様に刺激を調節できる仕組みになっています。

 

個人によって、痛みの生じる時間帯やその程度は異なりますから、24時間痛みがある人は常時刺激しますが、痛みによっては夜だけ痛い・夕方になってくると痛いというケースも十分にあります。

どういう刺激が最適かは本人にしか分かりませんから、患者さん自身に調節してもらうというわけなんですね。

 

調節方法はスイッチのオン・オフの他、刺激の強弱、周波数、パルス幅の3つが挙げられます。電気刺激を与えると軽く叩くような感じがして、痛みが軽くなったり消えたりするそうです。

 

「薬が全く効かず眠れなかった」という人でも、脊髄刺激療法によって痛みが軽くなり「人生が変わった」と喜ぶこともあるそうです。どんな治療法を試したにも関わらず、痛みが改善されずに苦しんでいる方は一度、この脊髄刺激療法を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/12/blog-post_3193.html])

 

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

慢性疼痛に関する記事

骨折などの神経の外傷によって起こる慢性痛「CRPS」って何?

  まずはじめに、「痛み」つまり疼痛について簡単にご紹介します。疼痛とは大...

慢性痛(慢性疼痛)の治療~脊髄刺激療法の欠点はあるの?~

  我慢の出来ないような強く激しい痛みが続く慢性痛(慢性疼痛)の治療法とし...


慢性痛(慢性疼痛)におけるペイン治療 レベル3の先進的な疼痛治療法

  こちらでは、慢性痛(慢性疼痛)が最終段階まで悪化してしまった場合の治療...

慢性痛(慢性疼痛)のメカニズム~痛みが慢性化する前に適切な治療を!

  「痛み」、つまり疼痛は、怪我や突然の病気などによって引き起こされる「急...

カラダノートひろば

慢性疼痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る