カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 全身 >
  4. 慢性疼痛 >
  5. 痛みを治療する「ペインクリニック治療」慢性痛に対しての治療の流れってどんなもの?

気になる病気・症状

痛みを治療する「ペインクリニック治療」慢性痛に対しての治療の流れってどんなもの?

 

まずはじめに、ペインクリニックとは何かご存知でしょうか?人間にとって最も苦痛となるのは「痛み」です。

ペインクリニックはそのありとあらゆる痛みを治療する医療機関になります。

 

そんなペインクリニックでの治療は、どのようにして行われるのでしょうか。こちらではペインクリニックでの治療の流れを簡単にご説明します。

 

 

◆ペインクリニック治療の流れ

先程も言いましたように、ペインクリニックでは痛みの診断と治療を行います。

 

・痛みの診断

痛みの診断はまず問診、血液検査、レントゲンX線検査、CT・MRI検査などを行います。特に、ペインクリニックでは問診が重要となってきます。というのも、痛みは外から見ただけでは程度や痛み方などを判断することができません。ですから、患者さんの訴えが最大の情報源となるのですね。ペインクリニックを受診する際には、以下のことを伝えるとよりよい治療に繋がります。

 

・いつから、何がきっかけで、どこが、どのくらいの期間痛いのか

・どんな痛みを感じるのか(ズキンズキン、電気が走るような、突き刺さるような、締め付けられるような、ピリピリする、など)

・その痛みは持続するのか、もしくは突発的に生じるのか

・安静時にも痛いのか、睡眠中も痛むのか、動くことで痛みに変化が起こるのか

・どんな治療法を受けてきたのか

・効いた治療法としてはどんなものがあるのか

・治療方針の希望(受けたことのない治療法を試したい、漢方を試したい…など)

 

・痛みの治療

痛みの治療は、継続的に心のケアまで見据えた取り組みが必要となります。患者さん自身が納得し、満足が得られる痛みの治療が受けられるように、ペインクリニックは様々な工夫をこらします。是非悩みがあれば気軽に相談し、疑問があれば素直に担当医師に質問するとよいでしょう。

 

 

医師との良好なコミュニケーション関係は、痛みの治療成績は向上します。問診などで積極的に医師とコミュニケーションを取るように努めてみてはいかがでしょうか。

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/02/blog-post_7202.html])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

慢性疼痛に関する記事

慢性痛(慢性疼痛)におけるペイン治療 レベル3の先進的な疼痛治療法

  こちらでは、慢性痛(慢性疼痛)が最終段階まで悪化してしまった場合の治療...

慢性痛が生じるのは心理的要因のせい?そのメカニズムとは

  ◆はじめに~慢性痛(慢性疼痛)とは~ 慢性痛(慢性疼痛)とは、国際疼痛学会...


痛みに耐えられない…慢性痛におけるペイン治療「神経ブロック」って?(後編)

  「慢性痛におけるペイン治療「神経ブロック」って?(前編)」で、ペインクリニ...

慢性痛(慢性疼痛)に効果的な脊髄刺激療法の調節方法 好みの刺激に調節しよう

  我慢できないような激しく強い痛みが続く慢性痛(慢性疼痛)の治療法として...

カラダノートひろば

慢性疼痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る