カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. 低カロリー >
  6. 低カロリーで満足感のあるホットミルクのちから

美容・ダイエット

低カロリーで満足感のあるホットミルクのちから


低カロリーを意識した食事をしていると、満足感を得られなくて辛かったり、空腹が気になって眠れなかったり…。そんなときに試してみてほしいのが「ホットミルク」。

ホットミルクには満足感を得られるだけでなく、いろいろなちからが秘められていることをご存じですか?

 

おなかのなかから満足感を

ホットミルクは、お腹の中から温めてくれるため、精神的な満足感を得やすいとされる飲み物。コツは、しっかりと温めたホットミルクをゆっくりと飲むこと。食事のまえにホットミルクをゆっくりと飲むと、食事の量をセーブすることができ、ダイエットに効果があると言われています。

 

●甘みや食物繊維をプラス
ホットミルクに、低カロリーの甘味料であるオリゴ糖やメープルシロップを混ぜて飲むと、甘さも得ることができ、さらに満足感が高まります。

飲み物に溶かせるタイプの寒天も混ぜると、食物繊維が摂れ、腹持ちも良くなります。

 

一般的な成分無調整牛乳の場合、100gあたりのカロリーは約70kcal、コップ1杯で140kcal。トータルのカロリーとしてはプラスになりますが、栄養面とのバランスを考えると、ホットミルクを飲んだから太るというようなことはないと言って良いでしょう。

 

心とからだに嬉しい成分

ホットミルクには、満足感のほかにも心と体にとって嬉しい成分が含まれています。


●カゼイン
牛乳に含まれるタンパク質の80%程度がカゼインというタンパク質。カゼインには筋肉疲労の改善や筋肉の維持にはたらくBCAA(分岐鎖アミノ酸)が豊富に含まれているといわれています。また、カルシウムや鉄といったミネラルを吸収しやすくするはたらきもあります。

 

●乳糖
やさしい甘みがあり、腸内細菌の善玉菌にとって有用にはたらきます。乳糖に含まれるガラクトースは、脳や神経の発達にはたらくといわれています。

 

 

お腹がすいて何かつまみたい…と思ったとき、ホットミルクをゆっくりと味わってみてはいかがでしょうか。お腹が満たされるだけでなく、心もリラックスできるかもしれません。

 

Photo by://www.ashinari.com/2012/10/23-372030.php

著者: seasideさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

低カロリーに関する記事

お弁当を低カロリーにおさえるコツ

  日々のランチで外食ばかりをしてる人は、ダイエット中の場合、どのような点...

ダイエット中には低カロリー外食を目指そう!

    女子会や飲み会、仕事の付き合い、営業相手の接待など、外食をする機...


低カロリーを意識するなら、選ぶのはどちらのお菓子?

カロリーは気になるけどお菓子が食べたい…。そんなとき何を選んだら良いの?ここで...

ラクトアイスよりアイスクリームのほうがカロリー低め!体にもお財布にも優しい手作りアイス

夏に欠かせないおやつと言えば、アイスクリーム。ダイエット中でもついつい食べたく...

カラダノートひろば

低カロリーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る